宮市 亮を導いたエージェント達 ~日本復帰までの歩み~

○○を仲介した者達

かつて驚異のスピードで相手選手を翻弄させた元日本代表「宮市 亮」。そんな彼が横浜Fマリノス加入が浮上している。弱冠18歳でイングランド「アーセナル」でのプレイを夢見た中、オランダでの修行を余儀なくされ、いつしかドイツへ向かっていた。

元日本代表FW宮市亮が横浜M移籍へ 2010年アーセナル入団も度重なる大きな故障…日本で再起図る(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース
 サッカー・ドイツ2部のザンクトパウリを退団した元日本代表FW宮市亮(28)が今夏、J1横浜Mに移籍することが21日までに確実となった。複数の関係者が明らかにした。メディカルチェックなどを経て、近く

この10年間で宮市と常にサポートし続けたエージェント(代理人)は何者なのか?

今回は宮市がFCトゥエンテから復帰したあたりから現在までのエージェントについて触れていきながら、横浜FMでの可能性を探っていく。

スポンサーリンク

ドイツでのエージェント事情

現在、宮市はドイツ「100AND10 SPORTMANAGEMENT GMBH」という事務所のクライアントである。

HPを確認してみるとエージェント業だけでなく、コンサルタント、M&A等も手掛けてるそうだ。

宮市との繋がりは16/17シーズン頃だということ。インスタグラムのコメントによると以下の仲介に行った。

シーズン16/17契約延長。シーズン18/19契約延長。

 

この投稿をInstagramで見る

 

100&10 Sportmanagement GmbH(@100and10_sportmanagement)がシェアした投稿

 

ピーター ウタカも在籍していた事務所

2014年に宮市は「World in Motion」と契約を果たす。

Arsenals’ Ryo Miyaichi signs with World in Motion | World In Motion
We are delighted to announce that Ryo Miyaichi of Arsenal FC has signed a representation agreement with World in Motion. We look forward to a successful and rew...

弊社にはイギリス、東ヨーロッパ、西ヨーロッパ、そして中央アメリカの4つのエリアに別れてエージェントが各地活動している。

トップレベルの選手が数多く在籍しており、例えばウルブスのイングランド代表「ConorCoady」やドイツ「フランクフルト」でプレイしている「MartinHinteregger」等といった面々が揃っている。

過去にはFC東京サンフレッチェ広島等でプレイした現京都サンガ「ピーター ウタカ(PETER UTAKA)」もクライアントの一人だった。日本では「ジャパン スポーツ マーケティング」の「(21-030)小林 博」が仲介を実施と言われている(クラブ仲介)。いずれにせよ両者はパートナー関係であるのは間違いない。

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2016.pdf

担当することとなったのはFA(イングランド)とDFB(ドイツ)の仲介人リストに登録している「ジェイムス リペット(James Lippett)」。ジェイムスはサッカー本場であるプレミアリーグ(1部)からリーグ1(4部)にクライアントを持っている。

少し彼の経歴に触れると元々は「New Era Global Sports」という事務所から移動してきており、クライアントをドイツ「ブンデスリーガ」に移籍させた実績が評価されている。のちに宮市も彼のコネクションが大きくキャリアを影響受けることになる。

2015年7月にドイツ2部「FCザンクトパウリ(FC St. Pauli)」へ完全移籍で加入する。契約期間は3年。先ほど紹介した100and10が仲介した実績が16/17シーズンに契約延長しているので入団した翌年に関係を解消していることとなる。

このシーズンは十字靱帯断裂で殆ど試合に出場することが叶わず、その間に宮市と上手くいかなくなったと考えられる。移籍を模索していたのか?サポートが以前の話と食い違いがあったとか様々。

横浜FMへ手引きしたエージェントは誰?

10年前はスピードがトップレベルでアーセナル時代でも相手DFを翻弄させていたが現在はどうなのか?度重なる怪我と年齢により全盛期よりスピードは落ちていると予想している。

宮市の周りにJFAエージェントが関わっているのか?

海外でプレイしている日本代表の何人かはJFAエージェントのクライアントになっているケースが多い。例えばドイツ「ユニオン ベルリン」の遠藤 渓太や最近までセルビア「レッドスター」に在籍していた浅野 拓磨等が該当する。彼らはJFAエージェントのクライアントとして身を置きながら、パートナーであるDFBエージェントの協力して移籍を実現させている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

PRO Profil(@proprofil)がシェアした投稿

では宮市はどうなのか?現時点ではJFAエージェント側からクライアントに関する情報が発表されていないので不透明。実弟である「宮市 剛」が大手「UDN SPORTS」に所属しているので、兄弟で連絡を取り合って、エージェントである「(21-134)段家 卓也」が横浜FM側に取り合ったのだろうか?。

各日本メディアは交渉は大筋合意しており、間もなく発表されるとのことなので答えは、もうじき明らかになるだろう。

~~終わり~~



Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました