クラブとエージェントとの関係性(京都サンガFC/2021冬編)

クラブとエージェントとの関係性

2020年念願の新たなホームスタジアム「サンガスタジアム by KYOCERA」がオープンし、未来に向けて新たなスタートを迎えることとなる「京都サンガFC」。

選手に寄り添うエージェント(代理人)も様々な思惑を胸にチーム関係者とコミュニケーションをとっている。調べてみるとエージェントの勢力図にも変化が表れていることも分かり今回も内容の濃いものとなっている。

昨年入団したオランダ人ヨルディ・バイスの事務所の動向等、他では読めないと思うので是非ともじっくり楽しんでほしい。

スポンサーリンク

JSP × 年々下がるエージェントに対する報酬 × オーストリア

監督:實好礼忠⇒なし?

GK:清水 圭介⇒高木 泰裕(JPN) ※JSP
GK:若原 智哉⇒本田 弘幸(JPN) ※Heroe
GK:加藤 順大⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
GK:太田 岳志⇒なし?

DF:江川 慶城⇒良藤 辰夫(JPN) ※Shuma
DF:長井 一真⇒なし?
DF:本多 勇喜⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
DF:Jordy Buijs⇒段家 卓也(JPN) /More than Sport GmbH(AUT)
DF:森脇 良太⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
DF:上夷 克典中澤 聡太(JPN) ※JSP
DF:宮城 雅史⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
DF:安藤 淳高木 泰裕(JPN) ※JSP
DF:麻田 将吾⇒小田原 匡(JPN) ※JSP
DF:冨田 康平⇒? 良藤 辰夫?

MF:山田 楓喜⇒なし?
MF:福岡 慎平⇒鈴木 秀和 ※アスリートプラス
MF:黒木 聖仁⇒? ※JSP
MF:庄司 悦大⇒西澤 明訓(JPN) ※JSP
MF:川崎 颯太⇒なし?
MF:飯田 貴敬⇒藤田 邦広(JPN) ※UDN
MF:中野 克哉⇒なし?
MF:石櫃 洋祐西真田 佳典(JPN) ※JSP
MF:上月 壮一郎⇒Maurizio Morana(ITA)
MF:黒木 恭平⇒小田原 匡(JPN) ※JSP
MF:荒木 大吾⇒良藤 辰夫(JPN) ※19年度まで柳田 佑介
MF:仙頭 啓矢⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:曽根田 穣⇒小林 博(JPN) ※JSM
MF:金久保 順西澤 明訓(JPN) ※JSP
MF:Renan Mota⇒Paulo Affonso?(BRA) / 石田 博行(JPN)
MF:中川 風希⇒良藤 辰夫(JPN) ※Shuma
MF:谷内田 哲平⇒なし?

FW:Juninho⇒中村 大志(JPN)/Olasupo Oluwafemi Adedeji(NGA)
FW:宮吉 拓実⇒西岡 明彦(JPN) ※フットメディア
FW:李 忠成⇒稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション
FW:Peter Utaka⇒? ※クラブ側仲介なし
FW:野田 隆之介⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ

参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

ガンバ、セレッソに次ぐクライアント数
毎年報酬額が減少し、2019年度には0円となっている。
JFAエージェントと提携を結んでいるオーストリア系事務所

 

京都におけるJSPクライアント数の減少と他エージェントの動向

PARTNER:J2 | FOOTBALL PLAYER'S AGENT
株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーションは、スポーツを愛する一人一人のサポートをはじめ、スポーツ界全体の発展に貢献する企業を目指しております。サッカー選手エージェント、サッカー・フットサル大会の企画運営、サッカー・フットサル遠征・合宿手配、を主な業務としております。

全国各地にコネクションを持ち、影響力は計り知れない「ジャパン・スポーツ・プロモーション(JSP)」。

2020年3月時点で何とクライアントが10人在籍しているという異様な数(ガンバ大阪は16人)だがシーズン途中で8人、2021年開幕前には4人までに減少している。

JSPのHPがまだ21シーズン向けに更新されていないので最新情報が把握できない状況でユース上がりの選手についても不明。

他JFAエージェントの動きも少し触れておくと19年監督に就任した「中田 一三」と契約したスポーツ・ソリューションの「(20-064) 稲川 朝弘」等と監督、コーチを事務所入りさせる傾向が年々強まっている。

また、ここ数年間でフロントに動きがあるとすれば、強化部長の交代が要因なのだろうか?その点については下の項目で説明していく。

 

 

経営状況を改善する為の下降していく報酬額

2015年:13,546,550円
(高木 泰裕⇒イ ヨンジェ “選手契約に関する交渉”)
(今井 祐介⇒アンドレイ “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手:TOMBENSE)
(西田 泰三⇒Daniel Santos Silva “選手契約に関する交渉”)

2016年:8,661,600円
(今井 祐介⇒Kiros Stanlley Soares Ferraz “選手契約に関する交渉” 相手:TOMBENSE)
(西真田 佳典⇒ケヴィン オリス “選手契約に関する交渉”)
(高木 泰裕⇒イ ヨンジェ “選手契約に関する交渉”)

2017年:2,950,640円
(中村 大志⇒マティアス カセラス “選手契約に関する交渉”)
(中村 大志⇒レンゾ ロペス “選手契約に関する交渉”)
(首藤 雄介キム チョルホ “選手契約に関する交渉”)

2018年:350,000円
(首藤 雄介キム チョルホ “選手契約に関する交渉”)

2019年:0円

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

これは面白いデータとなった。それは他クラブの報酬額は上がり下がりがあったり、上昇したりする中、京都では15年度から徐々に下がっていき、最終的に19年度には0(ゼロ)となっている。

金額が大きかった要因の一つにブラジル人獲得による取引が挙げられる。「ジャパン・スポーツ・マーケティング(JSM)」で主に海外選手仲介担当を任されている「(20-042)今井 祐介」はアンドレイ(Andrey)とキロス(Kiros Stanlley Soares Ferraz)」に関して相手先である「トンベンセ(TOMBENSE)」と交渉している。他JFAエージェントでは「(20-064)稲川 朝弘」が何回かトンベンセと交渉した経緯がある。

【クラブ紹介】Jリーグにも大きな影響を与えるデリバティブ型クラブ「トンベンセ」 - Evolving Data Labo
*2019/2/3に更新  27年目の開幕を迎えるJリーグ。10クラブで始まり、今では54クラブまで増加。JF …

15年度強化部長に就任し17年度に退任したといえば”野口裕司“が在籍した時期なので彼による主導による影響が大きいかもしれない。

 

あの日本代表の移籍も関与している事務所

オーストリア東山脈アルプスに位置するザルツブルクに拠点を置く大手事務所「More than Sport

Projekte – More Than Sport

※↑リンク先に流れる音量に注意

近年ではオーストリア初の女子サッカーマネジメント業を開始している。

日本との関わりは数年前に野村一族「(20-012)野村 豊幸」が経営する「エースポーツクリエイション」とのパートナー提携を締結したことが始まり。「Transfermarkt」でみると2社の共同保有な形になっているようだ。だが野村側から海外移籍が実現した経緯はない(練習参加くらいはあるかも)。

本格的にJリーグに参入するのはヨルディ・バイス(Jordy Buijs)の2018年7月V・ファーレン長崎への自由移籍による加入。少なくともJFA仲介人に登録しているエージェントを経由せずに何らかの方法で日本にやってきたとされる。

海外に目を向けると日本代表「北川 航也」の「SKラピード・ウィーン(Sportklub Rapid Wien)」移籍も弊社を手引きしたもの。北川とクライアント契約している「ジェブエンターテイメント」スタッフと協力して実現したとインスタでコメントが残されている。

 

強化部長について

山道守彦氏 強化部長就任のお知らせ
このたび京都サンガF.C.では、山道守彦氏が本年12月1日付で強化部長に就任いたしますのでお知らせします。 山道 守彦/YAMAJI Morihiko■生年月日:1963年6月23…

19年11月、V・ファーレン長崎から「山道守彦」が強化部長に就任。かつてはOBである浦和レッズにてチーム強化に携わり、主に槙野智章や遠藤航等の獲得を担当した。だが一貫性が欠けた補強が目に余るようになり、強化部長から外された過去をもつ。

評価するとすればベテランにあたる「森脇 良太」や横浜Fマリノスから「仙頭 啓矢」獲得などコネクションを活かしている(上の選手はいずれも「(20-091)田邊 伸明」のクライアントである)。

21年シーズンに向けて

京都サンガF.C. 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2019
数字のみの財務諸表をグラフに変換。売上、利益、総資産、内部留保を同じ縮尺で並べて、かんたんに決算を確認できます。 京都府に本拠地を置くJリーグクラブ、京都サンガF.C.、業績の推移や財務を紹介。

J1昇格を掲げていた昨シーズンだったが順位は8位と残念な結果となった。契約満了で退任となった「實好礼忠」の後任として、元湘南ベルマーレで監督を務めていた「チョウ キジェ(曺貴裁)」が就任した。

得点源だったピーターウタカの依存度が高かったこともあり、新たな相棒候補として湘南から「中川 寛斗」を自由移籍で獲得している。古巣で起用していたチョウ キジェからのリクエストに応えたものだろうか?

育成面を考慮すると今季U18から昇格する「中野桂太」や関西大学から「長井一真」等といった才能をチョウ政権で、どのくらい開花させられるかどうかもポイントだ。

果たして湘南時代で魅せた”走るサッカー”で京都をJ1昇格に向けて快進撃できるか注目だ。

~~終わり~~

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Apple(アップル)純正 iPhone 11 Pro Max(6.5インチ)レザーフォリオ ブラック 手帳型 本革 保護ケース MX082FE/A
価格:26980円(税込、送料無料) (2021/2/25時点)

楽天で購入

 

 

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました