中村 敬斗をオーストリアまで導いたサッカーエージェントたち

○○を仲介した者達

日本代表U世代に常に選ばれて続け、念願だった海外移籍を果たした「中村 敬斗」。

一方でマネジメントしている側、つまりエージェント(代理人)についてフォーカスすると変化があり、のちのキャリアに影響するという動きが出ている。その点を含めて今回は中村 敬斗について移籍を触れながら彼をサポートするエージェント達について報告する。

スポンサーリンク

始まり

三菱養和SC出身で2018年に「ガンバ大阪」へ入団。U23チームを行き来しながら出場機会を重ねていき、メキメキと才能を開花させていく。J1リーグ17試合出場1ゴール、ルヴァン杯では7試合1ゴールをマーク。

当時中村をマネジメントしていたのがオランダサッカー協会(KNVB)仲介人リストにも登録している「(20-043)柳田 佑介」が担当している。

東京大学法学部出身である柳田氏は卒業後は貿易株式会社に就職。そこで海外ビジネスに関して学び、08年にサッカーエージェントへ転身する。大手事務所「ジャパン・スポーツ・プロモーション(JSP)」に入社し、マネジメント業をこなしつつオランダ等といった欧州で人脈づくりを構築していく。

その後退社し、「㈱グロボル・フットビズ・コンサルティング」を設立する。

現在までに選手仲介を行ったのは

・斉藤 光毅(横浜FC、ロンメルSK)
・一美 和成(ガンバ大阪、京都サンガF.C横浜FC)
・渡 大生(サンフレッチェ広島大分トリニータ)

等等

 

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2018.pdf

↑18年度(2018年3月24日から2019年5月30日)から柳田氏が中村のエージェントとしてクラブと交渉している。のちに海外移籍への船出となるきっかけとなる。

オランダと繋がるJFAエージェント

 

オランダ時代(トゥエンテFC)

Intermediairs | KNVB
Wij hebben per 1 april 2015 nieuwe regelgeving met betrekking tot spelersmakelaars. Het zogeheten 'Reglement Intermediairs' is bedoeld om in het belang van het ...

柳田氏は現在でもKNVB仲介人リストに登録している。オランダでの実績は少ないもののフィテッセへ移籍した「太田 宏介(クライアントではない)」の件も彼が手掛けたもの。

HPには中村 敬斗が「FCトゥエンテ(FC Twente)」に加入した19-20シーズンに関する資料が配布されていないので詳細は不明だが、この件についても柳田氏がクラブと交渉を行ったとされる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

FC Twente(@fctwente)がシェアした投稿

この一連に関して「Footballista」のインタビューによると柳田氏は

『攻撃的な選手がある程度の自由を得られて、1対1で仕掛けられて、しっかりとボールを繋いでサッカーをできるチームが多いオランダに行きたい』という中村からの希望があり、

オランダ国内では若くてコストが低いしか獲得できない上で試合出場できる可能性が高く、成長を後押ししてくれるという計算でU-20W杯後のオファーの中でトゥエンテを選びました。

参照:https://www.footballista.jp/special/75102

とコメントしている。

このシーズンの中村はコンスタントに試合出場し、リーグ戦は4ゴール、1アシストを決める。初めての海外でのプレイにも関わらず、結果的にスタップアップに繋がっている。

ベルギー時代(シント=トロウデンセ)

Royal Belgian FA

↑中村が「シント=トロウデンセ(STVV)」に加入した20-21シーズンについて更新されていないので深く掘り下げるのは難しいが柳田氏はベルギー仲介人リストに登録しているのは確認できる(※INTERMED-BEL-00552)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

STVV – Official(@stvv_official)がシェアした投稿

インタビューによると19-20シーズンがトゥエンテFCを5月下旬に退団が決定し、STVVに加入するまでの短い期間の中でスムーズに契約しなければならない決断力が求められていた状況だった。ベルギーリーグの20-21シーズンのスケジュールがおおよそ決まっていたこともあり見通しが立てやすかったという。

代理人・柳田佑介氏に聞く、コロナ禍で混乱する移籍市場のリアル(2020年7月25日)|BIGLOBEニュース
【コロナ禍で揺らぐフットボールバブル】#4リーグ戦が7月、欧州カップ戦に至っては8月まで続く異例の日程は、本来なら今まさにピークを迎えているはずである移籍市場の…(2020年7月25日 21時0分21秒)

中村 敬斗はベンチ外が続き不運なことにリーグ終盤に足首を捻挫してしまい、以降出場することはなかった。

 

突如現れたイタリア美女エージェント

2020年突如として事務所HPから中村のプロフィール写真が消えてしまっている。

株式会社グロボル・フットビズ・コンサルティング

サッカー界では選手がエージェントを変更することがあり、このようにHPから抹消されるのは常である。それが中村 敬斗の場合、成長期として大事なシーズンで次のステップアップするトップリーグはどこなのかという矢先の出来事だった。

そして、2021年2月についに動き出す。

期限付き移籍先であるSTVVとの契約を解除し、オーストリア「FCジュニアーズ(FC Juniors OÖ)」へ期限付き移籍すると発表された。この一連の交渉を担当したのが柳田氏ではなく、ロンドンに事務所を構えるFA仲介人でもあるイタリア人美女「Angela Rullo」である。

彼女はボローニャ出身で地元大学で法学修士号を取得後、イタリアで弁護士監督の下で法律業務を補助するパラリーガル、食品会社でジェネラルマネージャー(GM)を経て、その後イギリスへ渡る。

ロンドンで弁護士として、フットボールコンサルタント、仲介人(エージェント)のキャリアを積み、20年に独立する。

ANGELA RULLO – Sports Lawyer & Intermediary

エージェント(IMS004639)として実績はまだ乏しいものの、FA仲介取引一覧によるとイングランド「ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC(Wolves)」でプレイしていた元フランスU20代表「シルヴァン・デズランズ(Sylvain Deslandes)」をルーマニア「FCアルジェシュ(FC Arges)の自由移籍に関しての交渉を担当している。

またルーマニアの記事によるとクラブのディレクター「Bogdan Stoica」との立ち合いの元で交渉が行われた上で彼女は

「長い交渉でしたが無事終了しました。シルヴァンを信頼してくれた社長、コーチに感謝したいと思います。彼は素晴らしい才能を持ち、良いシーズンを過ごし、チーム目標を達成する為に大きな助けとなると確信しています。」

とインタビューに答えている。

VIDEO | Sylvain Deslandes a fost prezentat oficial la FC Argeș la magazinul clubului.** Ce a spus fostul jucător al lui Wolverhampton - Liga 2
Campionii FC Argeș și-a prezentat oficial, astăzi, 31 ianuarie, prima achiziție făcută în această iarnă, pentru partea a doua a sezonului Ligii 2. Francezul Syl...

問題は中村とアンジェラがいつどこで出会い、どうやってオーストリア移籍まで行きついたのか?その経緯が一切不明ということである。先ほど触れた通り、彼女の実績はシルヴァン1件のみでガンバ大阪からの期限付き移籍である以外は実態が分からないのが現状だ。

彼女は現在インスタグラムで確認すると欧州中心に飛び回っており、ストーリーでも中村について触れていない。

オーストリア2部第5節を終えて中村は現時点で合計出場時間は僅か30分。チームにフィットしていないのか、なかなか結果には結びついていな状況が続いている。

果たして、この移籍は正しかったのかはまだ答えを出すのは難しい。

~~終わり~~



Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました