クラブとエージェントとの関係性(横浜FC/21年編)

クラブとエージェントとの関係性2021

何としてもJ1残留を目指し、下位に低迷した夏に大型補強を実行に移し、リーグ後半戦に臨んだが残念ながら1試合残してJ2降格が決まってしまった横浜FC。

一方で取引先である選手、クラブの為、そして自身のビジネスの為に奮闘するエージェント(代理人)たち。横浜FC内での彼らについて追いかけた先には壮大なドラマが待っていた。

エージェントとクラブ関係性シリーズJ1シリーズ2021編を最後を締めくくるのは最後までJ1残留を諦めなかった横浜FCについてフューチャーする。昨年と比べながら冬移籍を楽しんでほしい。

クラブとエージェントとの関係性(横浜FC/2020秋編)
J1リーグも終幕を迎えている中、来年に向けて既に各クラブが動き出している。 横浜FCもその一つで報道によるとガンバ大阪でプレイしている「渡邉 千真」にオファー。 清水エスパルスも興味を示していたがオファーを承諾する形で大筋同意する方...
スポンサーリンク

変更 × 夏移籍 × 元Jリーガー

監督:下平 隆宏⇒稲川 朝弘 or 石川 大徳 ※スポーツ・ソリューション

GK:六反 勇治⇒小林 博(JPN) ※JSM
GK:竹重 安希彦⇒吉見 潤(JPN) ※ジェイププランニング
GK:大内 一生⇒なし?
GK:市川 暉記⇒藤田 邦広(JPN) ※UDN
GK:南 雄太⇒稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション
GK:猿田 遥己⇒中澤 聡太(JPN) ※JSP

DF:杉田 隼⇒なし?
DF:増田 健昇⇒なし?
DF:韓 浩康⇒稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション
DF:中塩 大貴⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
DF:伊野波 雅彦⇒段家 卓也 or 藤田 邦広 ※UDN
DF:袴田 裕太郎⇒武井 択也(JPN) ※イマージェント/かつて団 野村?が担当
DF:武田 英二郎⇒柳田 佑介(JPN) ※20年度まで稲川 朝弘
DF:高木 友也薗田 淳(JPN) ※UDN
DF:Maguinho⇒Bismarck(BRA)/稲川 朝弘 ※川崎時代クラブ側仲介
DF:前嶋 洋太⇒斉藤 順(JPN) ※Production9
DF:岩武 克弥⇒武井 択也(JPN) ※イマージェント

MF:近藤 友喜⇒なし?
MF:山崎 太新⇒なし?
MF:手塚 康平⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
MF:高橋 秀人⇒西真田 佳典(JPN) ※JSP
MF:安永 玲央⇒なし?
MF:田部井 涼⇒なし?
MF:瀬古 樹⇒段家 卓也(JPN) ※UDN
MF:松尾 佑介⇒? ※20年度まで西塚 定人が担当
MF:齋藤 功佑⇒斉藤 順(JPN) ※Production9
MF:松浦 拓弥⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
MF:小川 慶治朗⇒西真田 佳典(JPN) ※JSP/19年度まで植木 竜介が担当
MF:中村 俊輔⇒佃 ロベルト(JPN) ※スポーツコンサルティングジャパン
MF:古宿 理久⇒岡山 邦彦(JPN)
MF:杉本 竜士⇒秋山 祐輔(JPN) ※SARCLE/かつて稲川朝弘が担当

FW:Kléber⇒?/宮川 悟 ※クラブ側仲介
FW:ジャーメイン 良⇒本田 弘幸(JPN) ※Heroe
FW:渡邉 千真⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
FW:三浦 知良⇒? かつて田路雅朗が担当
FW:伊藤 翔⇒?

参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

日本人クライアントは大手「フットステージ」が占めている。
クレーベ1人の契約交渉で約700万円。
元Jリーガーでエージェントとして活動。

エージェント変更の背景

勢力図は昨年と変わらず、大手フットステージの日本人クライアント4人で占めている。

契約選手一覧 | サッカー選手のエージェント&マネージメント | フットステージ

今季ヴァンフォーレ甲府から加入した「中塩 大貴」をクライアントとして迎えているフットステージはクラブとの関係を維持していると見られている。

一方で、このリーグ戦最中にエージェントを変更している動きがある。

例えば18年に湘南ベルマーレから加入したディフェンダー(DF)「武田 英二郎」は長年マネジメントしてもらっていた「(21-064)稲川 朝弘」と別れを告げ、オランダにコネクションを持つ「(21-043)柳田 佑介」と契約している。

昨年まで在籍していた「斉藤 光毅」や「一美 和成」も柳田氏が担当していることから橋本は来年以降、他クラブへ移籍する可能性が高い。

注目は松尾 佑介のエージェント変更についてだ。21年12月頃から契約していた「スポーツ コンサルティングジャパン」のHPから彼の名前が消去されていた。

契約選手・指導者|スポーツコンサルティングジャパン
プロスポーツ選手の契約に関わるコンサルティング業務を行うと共に、選手のマネージメントやマーケティング業務をあわせて行います。選手が質の高いパフォーマンスを提供できるようあらゆる面でサポートし、多くの人がスポーツの喜びや感動を共有できる環境作りを目指します。

理由は不明だが、数ヶ月前あたりに別のエージェントに乗り換えている可能性がある。担当だった「(21-026)西塚 定人」と意見が合わなかったのか?

現時点で松尾が誰と新規契約を結んだかは不明。事務所によっては海外へのステップアップも考えられるので予断を許さない状況である。

大型補強の裏側

2015年:0円

2016年:2,500,000円
(遠藤 貴⇒Calvin Jong-A-Pin “選手契約に関する交渉”)

2017年:0円

2018年:0円

2019年:0円

2020年:6,939,400円
(宮川 悟⇒クレーベ “選手契約の交渉”)

昨年までジェフ千葉でプレイしていたクレーベ(Kléber)。両クラブとの間を受け持って交渉したのが大手事務所「SARCLE」所属で元ヴィッセル神戸スカウト等を歴任していた「(21-152)宮川 悟」である。報酬も約700万円と高額でありながら、リーグ第23節以降、ベンチ外で過ごしているので非常に勿体ない気がしてならない。

因みに宮川氏は19年にOne Management株式会社を設立している。

https://one-management.co.jp/#home

ここからは夏の移籍期間で加入した助っ人たちの概要を紹介。

FC東京から期限付き加入した「アルトゥール・シルバ(Arthur Silva)。元々、現セレッソ大阪チーム統括部長の梶野智がエージェント時代に連れてきた選手で、アルトゥールが所属している「Dodici Sports」の創立者「Fernando Brito」とはビジネスパートナーの一人である。どういった経緯で加入したのかは不明。

ブラジル「アトレティコ ミネイロ」から約2億円の違約金で獲得した「ガブリエル(Gabriel)」とイタリア「ウディネーゼ」から期限付き移籍してきた「フェリペ ヴィゼウ(Felipe Vizeu)」は横浜FCに日本人クライアントが在籍している「(21-064)稲川 朝弘」が担当。

株式会社スポーツ ソリューション インターナショナル|Sports Solution INT'L Inc.
プロサッカー選手の代理人業務をメインとした株式会社スポーツ・ソリューション インターナショナルのウェブサイトです。数多くの選手が所属し活躍をしています。

2人とも所属している事務所は異なり、前者は元ポルトガル代表デコがオーナーを務める「D20 Sports」で川崎フロンターレのジョアン シミッチの移籍も稲川氏が交渉していることから親密な関係であると伺える。

後者はTransfermarktによるとJクラブと交流した経緯を持つ「Elenko Sports」のクライアントと明記しているが、インスタグラムでは横浜FCに加入したことを報告していないことから既に事務所を変更している可能性がある。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Elenko Sports(@elenko.sports)がシェアした投稿

東京五輪のドイツU24代表として招集されていた「スベンド・ブローダーセン(Svend Brodersen)」はTransfermarktによると、かつてヴィッセル神戸取締役で副ジェネラルマネージャー(GM)を務めていた「(21-287)小野 壮彦」が関わっているようだ。

ASTONICK
ASTONICKは、現役、元、サッカー競技者達からなる、デジタル世代に向けたプロモーション企画・実行のプロフェッショナルです。

何故横浜FCがスベンドを選んだのかは不明だが小野氏のパートナー?でpay forward代表三宅 亮輔」のサポートがあったのだろうか?

最後に約1億6000万円(150万ドル)で獲得したブラジル人「サウロ ミネイロ(Saulo Mineiro)」だが、日本到達までの移動をプライベートジェットを使用するなど、かなりVIPな待遇でエージェントも空港まで帯同し、サウロの活躍を見守った形だ。

この交渉を「ODOROKI」の「(21-170)石田 博行」が行ったとある。HPを確認すれば明確だ。

選手 - 株式会社ODOROKI

というのも期日は不明だがODOROKIは横浜FCのオフィシャルパートナーとなっており、その関係で移籍に協力したと思われる。また同じく清水エスパルスの件も同じくサウロ獲得に発生した報酬は、かなり高めではないか?

以上のことからJ1残留の為に南雄太等を受け持つ稲川氏から海外にコネクションを持つ小野氏や石田氏に力を借りていたことが分かる。獲得に総額いくら費用が発生したかはJFAから発行する来年度の仲介人取引資料に委ねるとして、総合的にクラブの資金力は我々の想像を遥かに超えているものだろう。

 

帰ってきた元Jリーガー

かつて川崎、熊本、秋田などでプレイしていた「薗田 淳」が21年4月に晴れて仲介人(エージェント)リストに登録し、新たな道を歩み始めた。

スタッフ紹介/薗田淳|UDN SPORTS|note
今回も弊社スタッフを紹介をさせて頂きます。 弊社に数名在籍する元サッカー選手のうちの一人、薗田淳です。 元プロサッカー選手であり6クラブを渡り歩いた薗田は、自身の経験を活かし、セカンドキャリアとして選手のサポートをしております。 弊社InstagramのLive配信でMCも務めております。 【プロフィール】...

現時点では担当しているのは「高木 友也」のみだが「UDN」はクライアント数が年々増加中なので才能ある人物がいれば、園田氏と同じように引退選手からエージェントに重用すると予想される。

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2020.pdf

伝えたいこと

J1リーグ戦が全て終了し、ここからさらに選手たちの去就について我々は知ることになるだろう。そういった情報を簡単に鵜吞みにせず、エージェント、元クラブスタッフなどを含めたあらゆる視点からの考察が必要である。

先日コーチ陣の契約満了が発表され、一つのチームに終わりを告げようとしている。それは来年に向けて新たな旅立ちを意味し、決して悔やむことではない。

その中でエージェントたちは顧客である選手、クラブに明るい未来へ導かなければならない指名があり、それが全て実現できるものでない。そんな十字架を背負って、彼らは歩き続ける。

~~終わり~~

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました