(特集)前田大然とブラジル系エージェントとともに

○○を仲介した者達

ポルトガルで出場機会を失い、最近の報道では横浜Fマリノス、セレッソ大阪が獲得に乗り出していると言われている前田大然。

いったい彼はどのクラブを選択するのか?

今回は彼のエージェント(代理人)を紹介しながら移籍の可能性を探っていく~~~。

スポンサーリンク

梶野智に導かれて

2014年、大学進学を考えていた前田大然は松本山雅FCの練習に参加。そこで才能を見出され2016年に入団。翌年に水戸ホーリーホックへ期限付き移籍。36試合出場13ゴールの大活躍を魅せる。

2018年、松本山雅FCに復帰。パラグアイ遠征にて日本U21代表に選出されベネズエラ戦に出場。

2019年には東京五輪中心メンバーの日本代表にも選出された数ヶ月後にポルトガル「Club Sport Marítimo」に期限付き移籍したが2020年契約延長を拒否し6月下旬、松本山雅FCに戻るのだった。

 

前田の代理人は兄貴こと「(19-27)梶野智」だった。元Jリーガー選手でC大阪等でプレイ、引退後フロント入り。チーム統括部長を経て退職後スポーツコンサルティング会社「GSsports」を設立し、数多くのJリーガーをマネジメント。ベテランというより割と若手株を多く契約していたイメージがある。またブラジル、欧州にもコネクションを持ちJクラブへ連れてきた実績を持っている。

簡単に紹介すると

・Arthur Silva(アルトゥール・シルバ) ※FC東京
・Serginho(セルジーニョ) ※松本山雅FC
・Lévir Culpi(レビィ・クルピ) ※元C大阪/G大阪監督
・Bruno Everton Quadros(ブルーノ・クアドロス) ※北海道コンサドーレ札幌
・Rodrigo Maranhão(ロドリゴ・マラニョン) ※元ツエーゲン金沢
・Jonas Augusto Bouvie(ジャパ) ※元C大阪/FC大阪

現在は2019年12月にC大阪「チーム統括部長」に就任。仲介人規定上、Jクラブに籍を置きながら活動は違反になるので会社は残しつつ、エージェント業は一旦休業状態のようだ。

GSsports – スポーツコンサルタント
GSsportsは、サッカーを中心としたコンサルティング会社です。元プロサッカー選手で引退後、強化部長としてセレッソ大阪の攻撃サッカーの土台築き上げた「梶野 智」が、自分の経験と世界のネットワークを活かし、プロ選手、Jクラブ、大学、高校、そして個人に至までさまざまな角度からコンサルティング・アドバイスをしております。

ポルトガルへ移籍するまでの経緯

話を前田大然に戻そう。

海外でプレイしたい欲望があったであろう前田の為に梶野氏はパートナーである
Dodici Sports」ディレクター「Fernando Rodriguez Brito」とともにポルトガル国内を飛び回ったとされている。

その中でMarítimoが前田に興味を示し交渉(売り込み?)を開始。

2019年7月21日にMarítimoへ期限付き移籍が発表された。
入団会見にはFernando氏も駆け付けている。この時、梶野氏も同行していたかは不明。

因みにポルトガルサッカー協会HPで仲介取引データを確認してみたが前田について何も書かれていなかった。https://www.fpf.pt/pt/Institucional/Intermediarios

恐らくクラブ側として仲介してくれたのはFernando氏だろうが名前が明記されていなかったのは気になる。

また今年C大阪の宮崎キャンプにFernando氏が姿を魅せた写真を確認した。梶野氏が招待したのか?極秘で来日していたのか?

獲得に乗り出している横浜FMとC大阪

クラブとの契約延長を拒否し松本山雅FCに帰還している前田大然。

梶野氏は昨年12月にエージェント業を休業しているので彼に変わって交渉は不可能。

では誰が担当しているのか?

Fernaodo氏とクライアント契約を行ったという情報は入っていないので恐らく黒。
可能性があるとすれば同じ日本人エージェントの誰かに変更したのだろうか?

現時点で引き継いでくれた人物は全く不明。Transfermarktにも掲載されていなかった。

そんな中、横浜FマリノスとC大阪が獲得を狙っているとの報道が流れた。

横浜M 遠藤渓太が独1部ウニオン・ベルリンに期限付き移籍 前田大然はC大阪と争奪戦/デイリースポーツ online
 来夏の東京五輪代表候補でJ1横浜MのMF遠藤渓太(22)がドイツ1部ウニオン・ベルリンに1年間の期限付き移籍することが22日、決定的となった。複数の関係者によると、交渉は大筋で合意に達しているという。 遠藤は横浜M下部組織出身で、昨季は左サイドを主戦場に33試合7得点を挙げるなど横浜Mのリーグ優勝に貢献した。12月に...

 

遠藤渓太がドイツへ期限付きしてしまったので代役として前田に対して完全移籍オファーを送っているという。小倉勉がGMに就任し以降、積極的な補強が目立つようになっている今日。その影響からなのか関係者(って誰なの?)によると本人は移籍に好意的らしい。

【C大阪】東京五輪代表FW前田大然獲りへ 今季はポルトガル1部でプレー
 C大阪が、来夏の東京五輪代表FW前田大然(22)の獲得に乗り出していることが20日、分かった。

大阪出身でもあり恩師がフロントにもいることを踏まえるとC大阪側の方が有利とも取れるが現時点では全く分からない。

~~終わり~~

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました