junjun

クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

クラブとエージェントとの関係性(サガン鳥栖/2022年編)

経営悪化を苦しんでいる状況の中でJ1初の指揮となる「川井 健太」を招集する等、リーグ残留を目標する中で見事達成した「サガン鳥栖」。 シーズンを通して試合ではなく、補強する上で切っても切れないエージェント(代理人)事情にも大きな変化をみ...
クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

クラブとエージェントとの関係性(湘南ベルマーレ/2022年編)

今シーズンもJ1残留に巻き込まれた格好だったが見事目標を達成した湘南ベルマーレ。 だが一方で主力だった「田中 聡」の退団やガンバ大阪からレンタルでプレイしている日本代表「谷 晃生」の去就等があり、問題は山積みだ。そこにはエージェント(...
クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

クラブとエージェントとの関係性(ガンバ大阪/2022年編)

2022年は厳しいシーズンだった。大分トリニータからOBでもある「片野坂 知宏」が就任したもののチームの主軸として活躍していた「宇佐美 貴史」の怪我による長期離脱等が重なり、順位は降格圏内まで低迷。片野坂監督を解任に踏み切り、今期途中からコ...
クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

クラブとエージェントとの関係性(浦和レッズ/2022年編)

”3年計画”のラストイヤーだった22年シーズン。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝の切符を手に入れたものの、リーグ戦は8位、他カップ戦は無冠で終わってしまった。新たな監督もポーランドからリーグ優勝4回、カップ戦優勝3回の素晴らしい実績...
クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

クラブとエージェントとの関係性(名古屋グランパス/2022年編)

積極的に選手補強を敢行し、新たにシーズンを迎えたがコロナウイルス陽性による離脱等により、タイトル獲得に繋げることが叶わなかった。それでも長谷川監督の手腕が評価され、来年も指揮を執ることが発表された。 しかし、AFCチャンピオンズリーグ...
クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

クラブとエージェントとの関係性(サンフレッチェ広島/2022年編)

まさに躍進したシーズンだった。天皇杯決勝は惜しくもヴァンフォーレ甲府とのPK戦で準優勝に終わったものの、翌週のルヴァンカップ決勝で見事優勝を果たした。リーグ戦もアジアチャンピオンズリーグ出場権の3位も狙える位置まで来ている。 この1年...
クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

クラブとエージェントとの関係性(鹿島アントラーズ/2022年編)

欧州路線へ舵を切った2022年シーズンだったが成績不振で「レネ・ヴァイラー(René Weiler)」を解任。後任としてOBであり、コーチだった「岩政 大樹」が監督を務めたがリーグ、カップ戦いずれもタイトルを取ることが叶わなかった。 ...
クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

クラブとエージェントとの関係性(FC東京/22年編)

蓋を開ければ大躍進だ。アルビレックス新潟からスペイン人「アルベルト プッチ(Albert Puig)」を監督として招集し、攻撃サッカーで相手を翻弄させた。 一方で移籍について見てみるとフロントとエージェント(代理人)との関係が著しく表...
クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

クラブとエージェントとの関係性(横浜F・マリノス/22年編)

3シーズンぶりリーグ優勝が目の前だ。アウェイだった第31節名古屋グランパス戦を"0-4"と快勝し、2位「川崎フロンターレ」との勝ち点差が"8"と広げている。 昨シーズン得点王だった前田 大然の穴を中国「武漢足球」からブラジル人「アンデ...
クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

クラブとエージェントとの関係性(川崎フロンターレ/22年編)

直近の数試合は引き分けが続いているが、勝ち点54と首位横浜FMとの差が"5"と優勝を狙える順位までキープしている。毎年主力が抜ける状況を上手くマネジメントしながら、チームを作り上げている一方で選手と密接な関係を持つエージェント(代理人)との...
タイトルとURLをコピーしました