クラブとエージェントとの関係性(水戸ホーリーホック/2021冬編)

クラブとエージェントとの関係性

元日本代表「塩谷司」を排出し、育成クラブとして成功を収めている名門「水戸ホーリーホック」。少ない予算の中でJ2で生き残るのは容易ではない。そんな中、水戸選手についている各エージェント(代理人)はどんな戦略を持っているのか?

今回はクラブとエージェントシリーズでは「水戸ホーリーホック」について特集。

“どの事務所のクライアントが多いのか?”
“あのブラジル人たちを連れてきたのはいったい誰なのか?”

等といったことも含めてご紹介していく~~~。

スポンサーリンク

JSP&Shuma × ブラジル × セカンドチェンジ

監督:秋葉 忠宏⇒なし?

GK:松井 謙弥⇒大野 祐介(JPN) ※アスリートプラス
GK:牲川 歩見⇒武井 択也(JPN) ※イマージェント
GK:本間 幸司⇒なし?
GK:中山 開帆⇒大野 祐介(JPN) ※アスリートプラス

DF:田辺 陽太⇒なし?
DF:ンドカ ボニフェイス⇒野村 ダン or 関根 圭祐 “選手契約に関する交渉”計2回
DF:細川 淳矢⇒なし?
DF:瀧澤 修平良藤 辰夫(JPN) ※Shuma
DF:住吉 ジェラニレショーン⇒酒井 浩之(JPN) ※Hiro Sakai
DF:三國 スティビアエブス⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
DF:外山 凌菊地 智哉(JPN) ※JSP
DF:乾 貴哉⇒植木 竜介(JPN) ※MYYK
DF:前嶋 洋太⇒斉藤 順(JPN) ※Production9
DF:岸田 翔平⇒野村 豊幸(JPN) ※エースポーツクリエイション
DF:河野 諒祐良藤 辰夫(JPN) ※Shuma

MF:平田 海斗⇒なし?
MF:平野 佑一⇒良藤 辰夫(JPN) ※Shuma
MF:安東 輝⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:平塚 悠知⇒植木 竜介(JPN) ※MYYK
MF:木村 祐志⇒西澤 明訓 (JPN)※JSP
MF:山田 康太⇒奥出 真士(JPN) ※R4SE
MF:鈴木 喜丈⇒なし?
MF:村田 航一⇒野村 ダン or 関根 圭祐 ※Athlete Solution
MF:松崎 快⇒なし?
MF:森 勇人⇒奥出 真士(JPN) ※R4SE
MF:奥田 晃也⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ

FW:山口 一真西澤 明訓(JPN) ※JSP
FW:中山 仁斗⇒西澤 明訓(JPN) ※JSP
FW:山谷 侑士⇒藤田 邦広(JPN) ※UDN
FW:Halef Pitbull⇒?※クラブ側仲介なし
FW:深堀 隼平⇒石川 大徳(JPN) ※スポーツ・ソリューション

参考:https://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

JSPとShuma2社が水戸に大きな影響を与えている。
2016年に関しては報酬額が10万円とかなり低め。
クライアントのセカンドキャリアもサポートする野村一族。

 

JSPとShuma

比較的若い選手が事務所入りしているのが多い中、「ジャパン・スポーツ・プロモーション(JSP)」のクライアントが一番多い。

PARTNER:J1 | FOOTBALL PLAYER'S AGENT
株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーションは、スポーツを愛する一人一人のサポートをはじめ、スポーツ界全体の発展に貢献する企業を目指しております。サッカー選手エージェント、サッカー・フットサル大会の企画運営、サッカー・フットサル遠征・合宿手配、を主な業務としております。

元Jリーガー「(20-041)西澤 明訓」に関しては「山口 一真」、「中山 仁斗」、「木村 祐志」3人を担当。今年、京都サンガFCから「金久保 順」も西澤氏のクライアントなので偶然とは思えない。フロントの誰かと親密かもしれない。

一方「20-044 良藤 辰夫」は数年前から日本人のみならず後ほど紹介するブラジル人「ジョー(Jo)」加入にも関与している。クライアントは「瀧澤 修平」、河野 諒祐」退団により残っているのは「平野 佑一」のみ。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

既に「平田 海斗」等といった期待株に接触しているかもしれない。

ブラジル人を安めで連れてくるエージェント。


2015年:629,812円
(田邊 伸明⇒Nguyen Cong Phuong “移籍合意に関する交渉”)

2016年:120,000円
(今井 祐介⇒權 永秦 “選手契約に関する交渉”)

2017年:0円

2018年:523,824円
(良藤 辰夫⇒JOARLEM BATISTA SANTOS “選手契約に関する交渉”)

2019年:0円

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

ベトナム代表「グエン・コン・フオン(Nguyen Cong Phuong)」は大手事務所「ジェブエンターテイメント(JEB)」にクラブ側仲介で加入。どういったきっかけで出会ったのかは不明。報酬額は低めの約63万円。グエンの全てのキャリアはベトナム「ホアンアイン・ザライFC」からの期限付き移籍なのは何故なのか?

株式会社ジェブエンターテイメント|JEB ENTERTAINMENT co.,ltd.
フットボーラーの総合マネジメントサービス。プロダクション業務、エージェント業務、財務管理・税務補助業務、他。

韓国U20にも選出されたことのある「クォン・ヨンジン(權 永秦)」は約12万円の報酬が発生している。ブラジル人を多くJクラブへ送り込んでいる「ジャパン・スポーツ・マーケティング(JSM)」の「(20-042)今井 祐介」が担当。今井氏が過去に韓国人を仲介したのはクォン・ヨンジンのみ。結局、期待されながらも出場機会がなく、双方合意のもと契約解除で退団した。

レフティー「ジョー(Jo)」はブラジル人エージェント「Wilton Figueiredo」を介して「良藤 辰夫」が担当。

因みに「Wilton Figueiredo」は現在は「Luzz Sports」から独立し、スウェーデンのエージェントライセンスを持つ「Reynaldo Leroux」とともに「The player office(T.P.O)」を創設したようだ。

http://theplayeroffice.com/

19年に加入した「レレウ(Lelêu)」も良藤氏が関与しているようだがクラブ側仲介ではなく、別ルートによる加入と思われる。

セカンドキャリアをサポートする一例

エージェントはクライアントのためにクラブを探して入団させることだけが仕事ではない。選手の悩みやセカンドキャリアについても親身に接していかなければならない。

ここでは野村一族「(20-012)野村 豊幸」が経営する「エースポーツクリエイション株式会社」の実例を紹介する。

アスリートの未来 | A-Sports Creation

弊社ではキャリアチェンジをサポートする「アスリート キャリア デザイン(ACD)」をクライアントに提案し、様々な機会を与えている。印象的なのは浦和レッズ「武藤雄樹」がワイン&スピリット教育で有名な「Wine & Spirit Education Trust(WSET)」に足を運んでいる写真。もともとアルコール類を好む武藤はワインについて学んだのこと。

もしかすると将来、武藤がプロデュースするワインが誕生したりするかもしれない。

強化体制について

かつてアメリカでプレイし引退後、「VONDS市原FC」でジェネラルマネージャー(GM)を務めていた「西村 卓朗」が15年末に強化部長に就任し、19年にはGMを兼任して今に至る。

「西村卓朗強化部長のGM就任で何が変わるのか」【コラム】
8月末に行われた取締役会において、西村卓朗強化部長のGM(ゼネラルマネージャー)就任が決定した(当面は強化部長を兼務していく予定とのこと)。理由について、沼田邦郎社長は「経営と強化の連動は常に考えてきたことでした。その中で西村は非常に優秀ですし、強化のみならず、事業の方でも実績を残してくれている。だからこそ、これから今

アビスパ福岡「長谷部茂利」監督招へいや㈱アトラエとの資本業務提携など試合結果のみならず、事業面でも結果を残している。

21年を乗り越える為に

水戸ホーリーホック 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2020
数字のみの財務諸表をグラフに変換。売上、利益、総資産、内部留保を同じ縮尺で並べて、かんたんに決算を確認できます。 茨城県水戸市に本拠地を置くJリーグクラブ、水戸ホーリーホック、業績の推移や財務を紹介。

懸念されていた前線の抜けた穴はセレッソ大阪から「安藤 瑞季(CAA BASE)」、「山根 永遠:JSP(20-156)首藤 雄介」の補強。CB陣も順天堂大学から「三國 スティビアエブス(JEB)」、浦和レッズから自由移籍にて「山田 奈央」獲得するなど将来を見据えた動きを見せている。

21年シーズンはJ3降格が4チームと設定されているので厳しい戦いが予想されるのでチーム全体で、よりマネジメント力が試される。

 

~~終わり~~



Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました