クラブとエージェントとの関係性(川崎フロンターレ/2020夏編)

クラブとエージェントとの関係性

2017年
念願だったJ1優勝を成し遂げ、翌年も苦難を乗り越え連覇を達成した。

その中で選手を何人か入れ替わる中で意外な法則のようなものを発見。
試合が行われている裏で何が発生しているのか?

というわけで
今回は「クラブとエージェントの関係性」第5弾として「川崎フロンターレ」について調べたんで
ご覧あれ~~~

 

クラブ側仲介 ✖ フリー ✖ 呂比須義弟

 

監督:鬼木 達⇒なし?

GK:チョン ソンリョン⇒Yang JungKyu(KOR)/西真田 佳典(JPN) ※クラブ側仲介
GK:藤嶋 栄介⇒なし ※吉﨑 博文(フットステージ)と契約破棄?
GK:丹野 研太⇒田村 信之(JPN) ※㈱ジャパン・スポーツ・マーケティング
GK:安藤 駿介⇒なし ※田村 信之と契約破棄?
DF:谷口 彰悟⇒佃 ロベルト(JPN)
DF:Jesiel⇒DECO(POR) /稲川朝弘(JPN)※クラブ側仲介
DF:神谷 凱士⇒なし
DF:車屋 紳太郎⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
DF:登里 享平⇒西真田 佳典(JPN) ※JSP
DF:山根 視来⇒菊地 智哉(JPN) ※JSP
DF:Diogo Mateus⇒ Fernando Garcia?(BRA)/稲川朝弘(JPN) ※クラブ側仲介
MF:守田 英正⇒本田 弘幸(JPN) ※HEROE
MF:田中 碧⇒秋山 祐輔(JPN) ※㈱SARCLE
MF:原田 虹輝⇒なし
MF:橘田 健人⇒なし
MF:大島 僚太⇒不明 ※イングランド「PINNACLE GLOBAL ADVISORS」説あり
MF:下田 北斗⇒奥出 真士(JPN) ※R4SE
MF:イサカ ゼイン⇒なし
MF:齋藤 学⇒佃ロベルト(JPN) ※㈱スポーツコンサルティングジャパン
MF:長谷川 竜也⇒Cleber Desiderio or Alexandre Aki(BRA) ※AKI&DESIDERIO SPORTS
MF:三笘 薫⇒なし
MF:家長 昭博⇒本田 弘幸(JPN) ※HEROE
MF:山村 和也⇒坂井 充隆(JPN) ※㈱ジェイピーコンサルティング
MF:脇坂 泰斗⇒なし
MF:中村 憲剛⇒なし
MF:旗手 怜央⇒Cleber Desiderio or Alexandre Aki(BRA) ※AKI&DESIDERIO SPORTS
FW:小林 悠⇒大野 祐介(JPN) ※アスリートプラス
FW:Leandro Damião⇒Vinicius Prates(BRA)/稲川朝弘(JPN) ※クラブ側仲介
FW:宮代 大聖⇒佃ロベルト(JPN) ※㈱スポーツコンサルティングジャパン

  • 外国籍選手は皆クラブ側仲介にて加入している。
  • ベテランも含めて契約を結んでいない選手が多い。
  • 呂比須義弟が日本人選手との契約を開始している。

 

Jクラブを牛耳るエージェント達

改めて仲介したエージェントと確認すると過去の記事でも紹介している
(20-046) 西真田 佳典」と「(20-064) 稲川 朝弘」。

前者は毎年Jクラブにブラジル人、韓国人を中心に仲介という形で選手を送り込んでいる。
例にあげるとG大阪「Patrick」や鹿島アントラーズ「クォン・スンテ」等主力級である。

クラブ側仲介なので選手とJFAエージェントと直接契約しているわけではないので
元々クライアントとして傍に人物が別にいる。

チョン ソンリョンの場合、↑にも明記している「Yang JungKyu」という韓国人と契約している。

Yang氏はKリーグ中心に活動するエージェントで時折クライアントを他国でプレイさせたりとコネクションもしっかりしている。選手をとりあげると昨年FC東京でプレイした「ナ・サンホ」や北海道コンサドーレ札幌に在籍していた「ク・サンユン」等Jリーグ経験者が含まれている。

そういったことからYang氏と西真田氏はパートナー同士であると考えられる。

チョン ソンリョン⇒Yang JungKyu ※Global Sports Agent C2

 

稲川朝弘は数多くのブラジル人をJクラブに送り込んでいる過去の記事で何度も説明して覚えている人も少なくないだろう。

印象的なのは稲川氏は仲介しているブラジル人を親しいJクラブ内で廻している点である。

例えば

・Elsinho ※川崎フロンターレ(2019)⇒清水エスパルス(2019)
・Eduardo Neto ※川崎フロンターレ(2018)⇒名古屋グランパス(2018) のちに退団
・Caio César ※川崎フロンターレ(2019)⇒ファーレン長崎(2019)
・Maguinho ※川崎フロンターレ(2020)⇒横浜FC(2020)

メリットしてはクラブ側はスカウトを外国現地に向かうことなく割と少なめの移動費で選手自体をスカウトすることが可能となり、エージェント側も外国パートナーとの関係が維持することにも繋がる。

横浜FMに半年在籍していた「Mateus」も同じようにフロント側と親交を深めていたこともあって期限付き移籍で加入させることにも成功している。それは日本人「和田 拓也」、「畠中 槙之輔」をクライアントと契約していることが分かれば一目瞭然である。

株式会社スポーツ ソリューション|Sports Solution Inc.|Sports Solution INT'L Inc.
プロサッカー選手の代理人業務をメインとした株式会社スポーツ ソリューションのウェブサイトです。Jリーグ他数多くの選手が所属し活躍をしています。

クライアント数が多ければ多い程クラブとの関係は濃いと捉えるのも自然とも言える。

 

フリー選手が6人

世界的にも未成年(18歳未満)選手がエージェントと契約する傾向が徐々に増え始めている昨今だが日本の場合も例外ではなくなっている。

だが川崎の場合、フロントとの方針なのか若手からベテランまで契約していない人数が多い。

かつて元日本代表だった「中村憲剛」も「(20-078) 大野 祐介」のクライアント選手だった。
理由は不明だが現在は関係を解消し同じ所属している選手には「小林 悠」のみ。

憲剛が大野氏を紹介したのだろうか?

ATHELETEPLUS アスリートプラス
アスリートプラスはスポーツエージェントとしてアスリート・チーム・スポーツ界の価値を高めるプラス アルファを提供します

将来ブラジルへ行ってしまうのかい?

変化が起きているとすれば呂比須義弟(Alexandre Aki)が動き出していることである。

義弟の動きとしてクライアントをJクラブに送り込むというやり方を取っていた。

・Alex Muralha ※元アルビレックス新潟等
・Diego Rosa ※元モンテディオ山形
・Douglas Tanque ※元アルビレックス新潟、ザスパクサツ群馬
・Francis ※元アルビレックス新潟

等等

 

2018年12月に静岡学園高校「神田凜星」と仮契約を結んだ報道が全ての始まり。

静岡学園・MF神田凜星にブラジル人代理人 卒業後ブラジルでプロ目指す
 静岡学園サッカー部MF神田凜星(18)が7日、高校生では珍しいブラジル人エージェントとの代理人仮契約を交わした。卒業後にブラジルへ渡り、プロチームとの選手契約を目指す。

その後「神田凜星」は正式に契約を結び、彼の力を借りてブラジル「Atlético Clube Goianiense」へ飛び立つのだった。2020年に川崎「長谷川竜也」と鹿島「名古新太郎」とクライアント契約を締結する。

何故このような事が起きているのか?
恐らく「MLSマネジメント株式会社」が関係している。

MLS MANAGEMENT 株式会社
我々は「日本から世界へ、世界から日本へ」をビジョンに掲げ、スポーツをビジネスとしてマネタイズし、子ども達が「夢」や「目標」を持って育てる環境を創ります。

調べてみるとマネジメントを主流している会社で呂比須義弟とパートナーである可能性が高い。
代表者に「川口良輔」の名前がある。そう!元川崎のスカウトを担当していた人物である。

パススキル絶賛のブラジル人代理人と仮契約!静岡学園の154cmMF神田凜星がブラジル挑戦へ | ゲキサカ
 注目テクニシャンがブラジルでプロへ――。静岡学園高の静岡県高校選抜MF神田凜星(3年)が7日、静岡カントリー浜岡ホテル(静岡県御前崎市)で日本のMLSマネジメント株式会社とマネジメントの仮契約を締結し、同時に...

↑記事にもあるように両社は業務委託関係を結んでいるとあり「静岡学園高校」繋がりで神田と契約したとも書かれている。

2人のJリーガーも出身校が「静岡学園高校」であることは何かの偶然なのだろうか?

となると不確定である「旗手 怜央」も「静岡学園高校」出身なので、もしかすると、もしかする。

川崎フロンターレ強化編成について

富士通時代からOBである「庄子春男」が20年以上チームを支えている存在となっている。

監督人事も庄子氏の意向が大きいらしく現在のパスサッカースタイル確立させた「風間 八宏」招聘、後任して現在の監督である「鬼木 達」を選定したのも彼。

【川崎F】解任相馬監督後任に風間八宏氏 - J1ニュース : nikkansports.com
 J1川崎Fの庄子春男GMは19日、成績不振で解任した相馬前監督の後任として、元日本代表MFの風間八宏氏(50=筑波大監督)と交渉中であることを認め、「本人は前...

J1連覇を成し遂げられたのも庄子氏の存在は大きい。しかし世代交代は訪れるもの。

それが何時に起こるのか誰にも分からない。

今後の補強プランはあるのか?

J1再開以降、絶好調で負けなしの第8節終了時点で1位をキープしている。

昨シーズン、なかなか戦術にフィットしていなかった「Leandro Damião」が、まるで嘘のように主力として活躍し、チーム全体としても劣勢な試合でも上手く修正して逆転する展開に持ち込む等絶好調である。不安な点を探すのが難しいくらいである。

敢えてあげるとすれば上記に紹介した「長谷川竜也」と「旗手 怜央」の去就である。呂比須義弟と契約しているとはいえ試合にはコンスタントに出場しているしシーズン途中に退団するとは考えにくい。可能性があるとすれば契約満了時くらいである。

また新聞紙からの移籍情報がそんなに多くないのが現状である。焦らず行こう。

 

~~終わり~~

追記(8/23)

 

2015年:14,251,866円
2016年:28,976,250円
2017年:25,293,950円
2018円:43,677,600円
2019円:38,815,200円

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/
取引情報の公表⇒登録選手/加盟クラブが支払った2015年度~2019年度の仲介人報酬(PDF)

 

Pocket

スポンサーリンク
クラブとエージェントとの関係性
junjunをフォローする
junjunのサッカーエージェント的ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました