クラブとエージェントとの関係性(東京ヴェルディ/2021冬編)

クラブとエージェントとの関係性

ゼビオホールディングス(HD)による「東京ヴェルディ」子会社化が物議を醸した2020年。リーグ最終戦後のセレモニーに出席した羽生英之社長が辞任するまでに発展するほど問題が表面化している。

東京ヴェルディを子会社化した「ゼビオ」の深謀 | スポーツ
「私が社長の座を降りるのにはまったく躊躇はありません。それはこのヴェルディという偉大なクラブの歴史のほんの小さな出来事にすぎません。だけど、僕らの未来がいい方向に向かっていくという確信がなければ、私…

こういった状況で選手たちに及ぼす影響は計り知れない。彼らの隣にいるエージェント(代理人)は何を思うのか?

ということで今回は東京Vで活躍する選手のエージェントの全貌とクラブフロントを徹底的に調べてみた。

スポンサーリンク

3大勢力 ✖ バラツキ ✖ フォームインストラクター

強化部長:江尻 篤彦⇒? ※JSM

監督:永井 秀樹⇒なし?

GK:Matheus Vidotto⇒Jose Renato Martinez /大坪 健太(JPN) ※選手側仲介
GK:柴崎 貴広⇒なし?
GK:長谷川 洸⇒なし?
GK:カウンゼン マラ⇒なし?

DF:深澤 大輝⇒なし?
DF:平 智広⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
DF:高橋 祥平⇒武井 択也(JPN) ※イマージェント
DF:近藤 直也⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
DF:佐古 真礼柳田 佑介(JPN) ※グロボル・フットビズ・コンサルティング
DF:馬場 晴也⇒柳田 佑介(JPN) ※グロボル・フットビズ・コンサルティング
DF:奈良輪 雄太⇒新井場 徹(JPN) ※TODER
DF:Klebinho⇒Bernardo Escansette/大坪 健太
DF:若狭 大志⇒植木 竜介(JPN) ※MYYK
DF:福村 貴幸⇒高木 泰裕(JPN) ※JSP

MF:阿野 真拓⇒なし?
MF:石浦 大雅⇒なし?
MF:山本 理仁⇒藤田 邦広(JPN) ※UDN
MF:藤田 譲瑠 チマ段家 卓也 or 藤田 邦広 ※UDN
MF:河野 広貴⇒なし?
MF:井上 潮音⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:持井 響太⇒なし?
MF:松橋 優安⇒? ※フットステージ
MF:井出 遥也⇒武井 択也(JPN) ※イマージェント
MF:佐藤 優平⇒秋山 祐輔(JPN) ※SARCLE
MF:森田 晃樹⇒西室 陽(JPN) ※SunX
MF:新井 瑞樹⇒大坪  健太(JPN) ※SDB FOOTBALL
MF:中野 雅臣⇒坂井 充隆(JPN) ※ジェイピーコンサルティング

FW:澤井 直人⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
FW:藤本 寛也⇒富永 雄輔(JPN) ※BASE Soccer Agency
FW:小池 純輝⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
FW:山下 諒也⇒段家 卓也 or 藤田 邦広 ※UDN
FW:端戸 仁⇒柳田 佑介(JPN) ※グロボル・フットビズ・コンサルティング
FW:Leandro⇒Jose Renato Martinez ※GR MARTINEZ クラブ側仲介なし
FW:大久保 嘉人⇒西澤 明訓(JPN) ※JSP
FW:佐藤 凌我⇒なし?

参考:https://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

3大勢力がせめぎ合っている
シーズン終了時点でクラブ側仲介で加入した選手が退団で不在
フォームインストラクターがエージェントに参戦!!

 

期待株に着手する3大事務所たち

大きく分けて「フットステージ」、「UDN」、「グロボル」の3つの事務所が占めている状況である。

これらが共通していることは他クラブ含めてAチーム昇格したばかりの若手に声をかけてクライアントとして迎え入れている点だ。特に近年急成長を遂げている「UDN」に関してはクライアント数が数倍に増えている状況。藤田 譲瑠 チマに関しては20年1月頃に契約(賛同)したと発表されている。

フットステージ」も同様に20年11月に日本代表U19候補と将来期待されている「松橋 優安」との契約を果たしている。現時点ではスタッフの誰が担当するのかは不明だがどちらにせよ、松橋の成長次第ではJ1クラブでプレイさせたいという思惑を感じる。

グロボル」の場合、愛媛FCで指揮していた「川井 健太」等を迎えたりと選手のみならず監督にも力を入れている(契約満了に関係しているのだろうか?)。また「中村敬斗」 、「斉藤 光毅」といった日本代表候補を海外へ移籍させたりと着々と実績を積んでいる。将来的にクライアントに可能性があれば欧州でプレイさせたいだろう。決して東京Vも例外ではないはず。

監督変更するたびに報酬額に”ばらつき”

2015年:6,938,926円
(稲川 朝弘⇒Douglas Vieira “選手契約に関する交渉”)
(稲川 朝弘⇒Alan Lopes Pinheiro “選手契約に関する交渉”)
(秋山 祐輔⇒高木 善朗 “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手先:清水エスパルス)

2016年:300,000円
(高木 泰裕⇒林 裕煥 “選手契約に関する交渉”)

2017年:0円

2018年:0円

2019年:2,372,800円
(高木 泰裕⇒カン スイル “選手契約の交渉”)
(大野 祐介⇒Nemanja Kojić “選手契約の交渉”)

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

指揮している監督に合わせて報酬額に大きく”ばらつき”がある。

15年から16年は東京Vユース監督だった「冨樫剛一」が昇格して2、3年目にあたる。この時期ではブラジル人を起用していたが「(20-064)稲川 朝弘」が仲介して連れてきたクライアントである。「高木 善朗」は清水エスパルスから期限付きにて加入。のちに完全移籍しているので、その成功報酬が大きかったのか15年度が最高額である約7000万円にまで達成している。

以降、スペインからロティーナ(Miguel Lotina)招聘したりと育成クラブへシフトしていく。17年6月に加入したスペイン人「カルロス マルティネス(Carlos Rodríguez)」はロティーナと同じ「Proneo Sports」クライアントだがJFAエージェントと介していないことから報酬には含まれていない。

Proneo Sports | Agencia internacional de representación de Futbol y Futsal
Proneo Sports. Agencia internacional de representación de futbol y futsal | Agentes FIFA. Servicios y Marketing Deportivo. Intermediación deportiva.

19年は新たな船出としてアジアクラブ等で指揮していたイングランド人「ギャリー ホワイト(Gary White)」を監督にしたが成績不振で解任、後任として東京Vユース監督だった現在「永井 秀樹」に決めている。「ネマニャ・コイッチ(Nemanja Kojić)」はホワイト含めて「(20-078)大野 祐介」が仲介しているが契約解除で退団以降、HPから顔写真から抹消されている。

WEリーグを見越して

株式会社SunX:スポーツマネジメント・代理人
SunXのマネジメント業務は、プロ・アマチュア問わず、アスリートとして活躍したいスポーツ選手・監督などを公私にわたりサポートします。

FC東京ユースでイギリス留学経験を持つフォームインストラクター兼サッカーエージェント「(20-118)西室 陽」。某サッカージュニアクラブで指導歴を持ち、慶應義塾大学ソッカー部OBとして強化担当を勤めていたこともある。

18年度から「森本 大貴(現:藤枝MYFC)」と契約を開始したことを皮切りにスペイン留学事業を展開しつつ、マネジメント業にも徐々に力を入れている。

他クライアントには

・森田 晃樹(東京ヴェルディ)
・ピーダーセン世穩(Y.S.C.C.横浜)

注目は西室氏が女性選手にも、いち早く着手している。

・籾木結花(アメリカ:OL Reign)
・三浦成美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
・山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)

未だに日本では女性選手がエージェントと契約しているケースは非常に少ない状況ではあるが2021年9月に開幕する初のプロ女性サッカーリーグ「WEリーグ」によって事務所入りが、より増えていくと予想される。

強化体制について

梅本大介ゼネラルマネージャー退任のお知らせ | 東京ヴェルディ / Tokyo Verdy
この度、東京ヴェルディの梅本大介ゼネラルマネージャー(GM)が退任することが決定しましたので、お知らせします。梅本 大介 GM【生年月日】1977年6月5日【出身地】東京都

ファン、サポーターにとって悲劇だった。「梅本大介」がアカツキ社を退職して東京Vジェネラル・マネージャー(GM)に専念して尽力してくれると矢先まさかの退任を発表された。今後もスタッフとして残るのかはコメントがないので不透明。彼もまたゼビオとのドタバタに巻き込まれたのだろうか?

江尻 篤彦 | ジャパン・スポーツ・マーケティング

強化部長には19年までジェフユナイテッド市原・千葉で監督をしていた「江尻 篤彦」が担当している。彼もまたヴァンフォーレ甲府副社長兼GMを勤めている「佐久間 悟」のように「ジャパン・スポーツ・マーケティング(JSM)」のクライアントとして在籍している。現段階では江尻氏とゼビオとの結びつきは不明。

21年シーズンを乗り越える先には

東京ヴェルディ1969 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2020
数字のみの財務諸表をグラフに変換。売上、利益、総資産、内部留保を同じ縮尺で並べて、かんたんに決算を確認できます。 東京都稲城市に本拠地に置くJリーグクラブ、東京ヴェルディ1969、業績の推移や財務を紹介。

近藤直也レアンドロ(Leandro)の引退、大久保嘉人等の退団がある一方、相模原SCから「富澤 清太郎(JSM)」、水戸ホーリーホックから「ンドカ ボニフェイス(団野村?)」等を獲得に成功している。

ただ主力となりえるCFを現メンバーでは見当たらないのでJ2開幕までにどうにか対応したい。藤本 寛也は大手「BASE Soccer Agency(現:CAA BASE)」に所属しているので近いうちに欧州へ羽ばたく可能性があるので、それも含めて早めに動く必要がある。

~~終わり~~



Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました