クラブとエージェントとの関係性(ヴァンフォーレ甲府/2021冬編)

クラブとエージェントとの関係性

毎シーズン過酷なJ2を舞台に少ない予算内で戦い続けるヴァンフォーレ甲府。育成クラブとして評価が高く、また質の高いブラジル人を獲得することで知られている。

その秘密は一体何なのか?

ということで今回はみんな大好きクラブとエージェントシリーズ「ヴァンフォーレ甲府」を選手からフロントまでのエージェント(代理人)について明らかにしましたので、お読みくだされ〜〜。

フットステージ ✖ クラブ側仲介 “0”回 ✖ ブラジル人

副社長兼GM:佐久間 悟⇒? ※JSM

監督:伊藤 彰⇒なし?

GK:河田 晃兵⇒西塚 定人(JPN) ※スポーツコンサルティングジャパン
GK:岡西 宏祐⇒吉見 潤(JPN) ※ジェイプランニング
GK:小泉 勇人⇒添田 貢広(JPN) ※アプリシエイト

DF:新井 涼平⇒野村 豊幸(JPN) ※エースポーツクリエイション
DF:小柳 達司⇒吉﨑 博文(JPN) ※フットステージ
DF:今津 佑太⇒吉見 潤(JPN) ※ジェイプランニング
DF:Mendes⇒Umeoka Fernando Masayoshi?(BRA) ※クラブ側仲介なし
DF:中塩 大貴久米 宏典 or 宮本 行宏 or 吉﨑 博文 or 飯田 正吾 ※フットステージ
DF:入間川 景太⇒なし?
DF:山本 英臣⇒なし?
DF:須貝 英大⇒なし?
DF:藤田 優人⇒馬淵 雄紀(JPN) or 武井 択也(JPN) ※イマージェント
DF:橋爪 勇樹⇒植木 竜介(JPN) ※MYYK
DF:関口 正大⇒なし?

MF:武田 将平⇒野村 豊幸(JPN) ※エースポーツクリエイション
MF:山田 陸⇒鈴木 規郎(JPN) ※By players
MF:中村 亮太朗⇒久米 宏典 or 宮本 行宏 or 吉﨑 博文 or 飯田 正吾 ※フットステージ
MF:野澤 英之⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:長谷川 元希⇒なし?
MF:内田 健太⇒なし?
MF:荒木 翔⇒段家 卓也(JPN) or 藤田 邦広(JPN) ※UDN
MF:小林 岩魚⇒なし?
MF:中山 陸⇒柳田 佑介(JPN) ※グロボル・フットビズ・コンサルティング

FW:泉澤 仁⇒西真田 祥志(JPN) ※JSP
FW:松田 ⇒西真田 佳典(JPN) ※JSP
FW:太田 修介宮本 行宏(JPN)フットステージ  “選手契約に関する交渉2
FW:宮崎 純真⇒段家 卓也(JPN) or 藤田 邦広(JPN) ※UDN
FW:Rafael Marques⇒Eduardo Uram(BRA) ※BRAZIL SOCCERクラブ側仲介なし
FW:DudúJose Renato Martinez(BRA) ※GR MARTINEZクラブ側仲介なし
FW:ハーフナー マイク⇒段家 卓也(JPN) ※UDN
FW:Junior Barros⇒Umeoka Fernando Masayoshi?(BRA) ※クラブ側仲介なし
FW:金園 英学宮本 行宏(JPN)フットステージ

参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

フットステージのクライアント数5人と多め。
クラブ側仲介が5年間行われていない。
数々のブラジル人をJクラブに入団させている老舗。

 

近年のクライアント契約事情(フットステージの場合)

仲介人制度が開始以降、中堅だけでなく18歳以上の選手も事務所入りするケースが非常に増えた。
それは仲介人(エージェント)数が一昔より数倍に増えており、各クラブ有望株奪取阻止の為なのだろうか?

フットステージの場合、ヴァンフォーレ甲府では2020年時点で5人在籍している。しかも期待株である「中村 亮太朗」と「中塩 大貴」においては11月前後にHPからクライアント入りしたと報告があった。

既にクライアントである金園 英学(AC長野パルセイロ加入)中塩 大貴(横浜FC加入)の退団が決定しているが他クラブから入れ替える形で連れてくるのかは想像にお任せしよう。

 

 

浦和レッズと同じ支払いなし


2015年:0円

2016年:0円

2017年:0円

2018年:0円

2019年:0円

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

この結果は驚きだった。5年間クラブ側仲介が行われていないのだ。

毎年、質高いブラジル人を連れてくるのにJFAエージェントを一切介していない意味を示している。不思議なのはラファエル・マルケス(Rafael Marques)はEduardo Uramのクライアントを日本に連れてきている「(20-064)稲川朝弘」が資料上関与していない点だ(大宮時代はどうだろうね?)

二人は昔からのビジネスパートナーで代表例はヴィッセル神戸のドゥグラス(現在は稲川氏から離れてる?)HPをみると二人とも載っていない。

J1ではリカルド・ロドリゲス監督就任で話題になっている浦和レッズも甲府同様、5年間クラブ側仲介を行っていない。またベガルタ仙台も2016年度以外、まんま一緒(あんな質のいい外人が入団しているのにエージェントに報酬が発生していないのは何故?)。

予想するに

1.Wyscout or Instat経由?
2.スカウト経由?
3.スポンサー繋がり?

甲府はスカウト陣が優れてる印象があるので”2″ではないかと。

 

長年Jリーグに貢献している老舗。

元川崎「レナティーニョ(Renatinho)」や東京ヴェルディ等でプレイした「レアンドロ(Lendro)」等を担当し長年Jリーグに貢献してきたブラジル系エージェント「Jose Renato Martinez」。

https://www.ecp.org.br/futebol-pinheirense-um-esporte-que-passa-de-geracao-em-geracao/

現役時代はストライカーでブイブイいっていたようで引退後は現在進行形であるエージェントとして活動している。日本窓口は複数存在し、FC東京「アダイウトン(Adaílton)」を「(20-064)稲川 朝弘」、清水エスパルス「レナト アウグスト(Renato Augusto)」を「(20-170)石田 博行」がそれぞれ担当している。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

甲府では「Dudú」については情報がないので、これ以上語るのは控えるが、やはりスカウト経由で交渉したのだろうか?真相は闇の中。

 

強化体制について

佐久間 悟 | ジャパン・スポーツ・マーケティング

2008年、大宮アルディージャのテクニカル・ディレクター(TD)を退任した2週間後に甲府ゼネラル・マネージャー(GM)に就任している「佐久間。以後はクラブ副社長兼GMを務めているのだが何故か「ジャパン・スポーツ・マーケティング(JSM)」のクライアントになっている。

副社長なので何かと影響力を大いに利用していると思いきや甲府に関しては今のところ薄いところだろうか。ただ一人だけ甲府関係者が事務所入りしているところをみると佐久間氏が誘ったのではないかと考察する。

新戦力では大分トリニータから「三平 和司」を獲得している点も「JSM」スタッフである「(20-010)田村 信之」と佐久間氏との協力で実現したかもしれない。

2021シーズンに向けて

ヴァンフォーレ甲府 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2020
数字のみの財務諸表をグラフに変換。売上、利益、総資産、内部留保を同じ縮尺で並べて、かんたんに決算を確認できます。 山梨県甲府市に本拠地を置くJリーグクラブ、ヴァンフォーレ甲府、業績の推移や財務を紹介。

FW陣の退団を穴をどうにか埋める必要がある中、現時点で補強しているのは先ほど紹介した「三平 和司」と愛媛FCから「有田 光希(代理人は田邊 伸明)」。あとはブラジルから「パウロ バイヤ(PAULO BAYA)」と実力未知数な選手と前線に関しては、ある程度目処がたった印象。

残るはジュニオール バホス去就のみ(21/1/13)で他チームからの補強を含めてチームメンバーは揃った。ここからキャンプ等でリーグ開幕までにどこまで仕上げられるか注目だ。

~~終わり~~

おまけ

2018年レギア・ワルシャワから選手、スタッフが甲府へ訪れていたことを追加して伝えておく。



Pocket

スポンサーリンク
クラブとエージェントとの関係性
junjunをフォローする
junjunのサッカーエージェント的ブログ

コメント

  1. […] 篤彦」が担当している。彼もまたヴァンフォーレ甲府副社長兼GMを勤めている「佐久間 […]

タイトルとURLをコピーしました