クラブとエージェントとの関係性(徳島ヴォルティス/2020冬編)

クラブとエージェントとの関係性

J1昇格目前に迫っている徳島ヴォルティスだが監督でRicardo Rodríguez(リカルド・ロドリゲス)の去就が不透明な状況。

一部報道では浦和レッズ新監督就任決定的とも言われている中、我々サッカーファンはどう受け止めればいいのか?

というわけで今回も大人気シリーズ「クラブとエージェント」。徳島ヴォルティス全選手のエージェント(代理人)についてほぼ丸裸にしたんで、ご覧くだされ〜〜〜〜。

スポンサーリンク

アスリートプラス ✖ 2017年以降 ✖ レアル マドリード

監督:Ricardo Rodríguez⇒添田 貢広?(JPN) ※アプリシエイト
ユースコーチ:倉貫 一毅⇒秋山 祐輔 or 宮川 悟 or 堤 俊輔 ※SARCLE

GK:上福元 直人⇒大野 祐介(JPN)アスリートプラス
GK:長谷川 徹⇒なし?
GK:松澤 香輝⇒小林 博(JPN) ※JSM
GK:後東 尚輝⇒なし?
GK:瀬口 拓弥⇒坂井 充隆(JPN) ※ジェイピーコンサルティング

DF:吹ヶ 徳喜⇒なし?
DF:Dusan Cvetinovic⇒Laughton Dominic(ENG) ※現在JFA仲介人リストから抹消
DF:石井 秀典⇒なし?
DF:秋山 拓也⇒鈴木 規郎(JPN) ※By players
DF:安部 崇士⇒なし?
DF:奥田 雄大⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
DF:Diego⇒Sandro Wienhage or Alexander Kuniy ※クラブ側仲介なし
DF:福岡 将太⇒佐久間 清次(JPN) ※eAMA
DF:田向 泰輝⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン

MF:森田 凜⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:鈴木 徳真⇒段家 卓也(JPN) ※UDN 19年度は”選手契約に関する交渉”2回
MF:岩尾 憲⇒? ※19年度まで宮本 行宏が担当
MF:梶川 諒太⇒高木 泰裕(JPN) ※JSP
MF:内田 航平⇒大野 祐介(JPN)アスリートプラス18年度に選手契約に関する交渉
MF:岸本 武流⇒大野 祐介(JPN)アスリートプラス
MF:藤田 征也⇒熊崎 厚夫(JPN)JSP
MF:西谷 和希⇒武井 択也(JPN) ※イマージェント
MF:杉森 考起⇒稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション
MF:清武 功暉⇒段家 卓也(JPN) ※UDN
MF:小西 雄大⇒小田原 匡(JPN) ※JSP
MF:渡井 理己⇒小田原 匡(JPN) ※JSP
MF:島屋 八徳⇒大野 祐介(JPN) ※アスリートプラス
MF:浜下 瑛⇒植木 竜介(JPN) ※MYYK
MF:川上 エドオジョン 智慧⇒斉藤 順(JPN) ※Production9

FW:西野 太陽⇒なし?
FW:押谷 祐樹⇒石川 貴之(JPN) ※ヴァイター
FW:表原 玄太⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
FW:榎本 大輝⇒稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション
FW:河田 篤秀⇒秋山 祐輔(JPN) ※SARCLE
FW:垣田 裕暉⇒鈴木 秀和(JPN) ※アスリートプラス
FW:佐藤 晃大⇒高木 泰裕(JPN) ※JSP
FW:藤原 志龍⇒なし?
FW:武田 太一⇒酒井 浩之(JPN) ※Hiro Sakai

参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

クライアントがJSPとアスリートプラスで占めている。
17年度以降クラブ側仲介が行われていない。
スペインのレアル・マドリードに入社経験を持つ秀才。



アジア、ヨーロッパにも目を向く大野祐介

もう説明が不要なくらい関西中心にクライアントが多いJSP(ジャパン・スポーツ・プロモーション)が徳島にも進出している。

株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーション
株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーションは、スポーツを愛する一人一人のサポートをはじめ、スポーツ界全体の発展に貢献する企業を目指しております。サッカー選手エージェント、サッカー・フットサル大会の企画運営、サッカー・フットサル遠征・合宿手配、を主な業務としております。

そんな中で同等な影響力を持っているとされているのが「ガンバ大阪」監督「宮本恒靖」等をマネジメントしている「アスリートプラス」の「(20-078)大野 祐介」である。

ATHLETEPLUS | ATHLETES
アスリートプラスはスポーツエージェントとして、アスリート・チーム・スポーツ界の価値を高めるプラス アルファを提供します。

川崎フロンターレ「小林悠」やタイのブリーラムユナイテッド「細貝萌」等、有名選手から「IVICA OSI(イビチャ オシム)」、元ベガルタ仙台の「GRAHAM ARNOLD(グラハム アーノルド)」といった監督、コーチも受け持っている。

また近年では海外エージェントとの活動も積極的だ。例えば細貝萌タイ移籍の際はパートナーである「FPS Management & Consulting」チームに仲介してもらっている。

欧州では「昌子 源」フランス移籍をサポートしたとされている「Pro Sport Conseil – PSC」関係者と現地でミーティングを行っているとのコメントが残されている。

仲介人制度が開始されて以降はクライアントが欧州クラブへの移籍は実現できていないが無視できない存在であることは事実である。

何故クラブ側仲介が行われなくなったのか?

2015年:3,225,730円
(西真田 佳典⇒ALEX Antonio De Melo Santos “選手契約に関する交渉”)
(本田 弘幸⇒金 京中 “選手契約に関する交渉”)

2016年:2,376,000円
(田邊 伸明⇒金 鐘必 “選手契約に関する交渉”)

2017年:0円

2018年:0円

2019年:0

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

2016年度まで数百万円をエージェントに支払っているが、それ以降は行われていない。2017年度(2017年3月24日~2018年3月23日)を遡ってみると2017年2月1日スペイン人監督「Ricardo Rodríguez」が就任した時期に該当する。

Ricardoはタイ時代、オーストラリア系「FIA Sports Management」に所属していたが2016年頃に事務所がエージェント業を何故か辞めてしまったようで一時期フリーな状態だった?。翌年に徳島ヴォルティス監督に就任するといった流れだが「岡田明彦」強化本部長のコネクションから連れてきたのだろうか?

現在はエージェントはTransfermarktによると「(20-102)添田 貢広」のようだ。

APPRECIATE Co.,Ltd. - Player agency - Player Agents
This site is the agency site of APPRECIATE Co.,Ltd., giving an overview of all players who work with APPRECIATE Co.,Ltd..

話が少し逸れてしまったが2017年度以降にクラブ側仲介を実施されていない要因の一つが監督交代によるクラブ方針変更と思われる。

レアル マドリードを知る日本人エージェント

Hiro Sakai CO., Ltd.|株式会社Hiro Sakai
日本とヨーロッパの架け橋となる総合スポーツ・コンサルティング・カンパニー、株式会社Hiro SakaiのWebサイトです。

日本大学出身で広告代理店に勤めていた後、2015年スペインに飛びレアル マドリード スポーツマネジメントMBAコースに日本人として初めて入学したエリート「(20-206)酒井 浩之」。その後、クラブへ正社員として入社し2017年に退社。

現在は株式会社「Hiro Sakai」を自身で起業し、選手マネジメントやチームコーディネート等を活動している。

契約している選手を見てみると

・岩本和希(カマタマーレ讃岐)
・鈴木理(パーソナリティ)
・住吉ジェラニレショーン(水戸ホーリーホック)
・武田太一(徳島ヴォルティス)
・原山海里(いわてグルージャ盛岡)

何故、鈴木理も所属しているのかはイマイチピンと来ないが選手たちは比較的大学卒が中心だ。酒井氏との境偶が近いのが関係あるのか?

とにかくエージェントとなってからまだ2年と浅いが近い将来ビックになるかもしれない。

ワイドインタビュー問答有用:スポーツをビジネスに=酒井浩之 元レアル・マドリード社員/762 | 週刊エコノミスト Online
 この夏、サッカー日本代表・久保建英選手がスペインの世界的な強豪クラブ、レアル・マドリードに移籍した。そのレアルで社員として働いた経験を持つのが酒井浩之さんだ。サッカーをめぐるビジネスは今、酒井さんにどう映るのか──。

強化体制について

2019年に「強化本部」を新設し強化本部長に「岡田明彦」、強化部長「谷池 洋平」、アカデミー部長に「安達 宏道」が就任した。

会社組織変更 について
このたび、徳島ヴォルティス株式会社では会社組織を変更し、「強化本部」を新設することとなりましたので、お知らせいたします。【会社組織変更について】

20年シーズンの成績を踏まえるとこの決断はプラスに働いたと考えていいだろう。大塚製薬サッカー部コーチ時代からの古参である岡田氏の”選手を「売る」ことは悪ではない”精神がJ1昇格という形でもうじき実を結ぶ瞬間が訪れようとしている。

選手を「売る」ことは悪ではない。Jリーグ徳島・岡田強化部長の挑戦 | footballista | フットボリスタ
岡田明彦 徳島ヴォルティス強化部長 独占インタビュー 「契約切れ→フリー移籍」が主流のJリーグで、あえて違約金を出して若い選手の可能性に懸けているクラブがJ2にある。柿谷曜一朗やドゥンビアのブレイクにも一役買った徳島ヴォルティスだ。J2では珍しい高卒重視、TCや連帯貢献金での収入確保、謎のスペイン人監督の招へい……。岡...

来シーズンにむけて

徳島ヴォルティス 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2019
数字のみの財務諸表をグラフに変換。売上、利益、総資産、内部留保を同じ縮尺で並べて、かんたんに決算を確認できます。 徳島県に本拠地を置くJリーグクラブ、徳島ヴォルティス、業績の推移や財務を紹介。

冒頭でも説明したとおりRicardo Rodríguezの浦和行きが濃厚と言われている中、仮に既に離脱することが決定していたとなるとフロントは今の時期に監督後任を探していることとなる。

契約満了と通達されている選手たちも今後に向けて合同トライアルに向けて準備しているはず。

ハッキリとした考察が難しいが全てはシーズン終了後に明らかになるだろう。

~~終わり~~

追加情報(12/30)

Pocket

コメント

  1. […] アルゼンチン人「Nicolás Orsini」も韓国に大きく関係している。徳島ヴォルティスに加入してすぐ「FC安養」へ期限付き移籍しているのだが、この仲介を担当したのが「FS Corporation」の「(20-131)李 哲鎬(Lee Chul ho)」である。少なくとも「(20-057)本田 弘幸」とパートナー関係であることは明白だ。 […]

タイトルとURLをコピーしました