(特集)海外移籍する遠藤渓太と藤本寛也を仲介したものたち

○○を仲介した者達

2020年7月突如、横浜Fマリノスで在籍していた「遠藤渓太」がドイツ「1. FC Union Berlin」移籍する話しが浮上し数日後公式ツイッターから期限付き加入が発表された。

 

一方、東京ヴェルディ「藤本寛也」がポルトガル「Gil Vicente」行きがスポーツ紙に掲載され話題になった。問題なければ実現は時間の問題である。

今回は「遠藤渓太」と「藤本寛也」のエージェント(代理人)について追求しながら移籍裏を探っていきたい。

スポンサーリンク

遠藤渓太⇒「(16-080) 奥出 真士」 ※SARCLE のちに独立

2010年からジュニアユースに入団し、横浜Fマリノス一筋で育った遠藤。
16年にプロ契約を結び、コンスタンスに出場しながら経験値を積んでいく。

19年には念願のJ1優勝を成し遂げ遠藤自身は33試合に出場、7ゴール9アシストを記録。
その活躍もあり日本代表として「AFF E-1サッカー選手権」にて。中国、韓国戦に出場を果たす。

20年、冒頭にも書いたようにドイツ「1. FC Union Berlin」への期限付き移籍し現在に至る。

遠藤のエージェントは小野、内田等の代表クラスが在籍している「SARCLE」所属のエージェント
奥出真士」である。遠藤との関係は4年前、つまりプロ契約した時期からの付き合いとある。

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2016.pdf

どんな経歴を持っているかは不明だが遠藤の他にも未来の日本代表をマネジメントしている。

・秋山大地 ※モンテディオ山形
・山田康太   ※水戸ホーリーホック
・土居聖真 ※鹿島アントラーズ
・大南拓磨 ※柏レイソル
・オナイウ 阿道 ※横浜Fマリノス

等等

参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

参考:https://www.r4se.jp/

最近の動きとしては2020年に入って奥出氏は「SARCLE」から独立し
R4SE(アールフォーシー)」を設立している。「SARCLE」創立者である「(20-079)秋山 祐輔」との仲が拗れたとは考えにくい。

ではドイツ移籍をサポートした現地エージェントは存在するのか?

インスタで探してみると香川真司をマネジメントしたこともある「Thomas Kroth」率いる
PRO PROFIL GMBH」が関与していることが判明。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Der 1. FC Union Berlin leiht Nationalspieler Keita Endo (22) bis zum 30.06.2021 von den Yokohama F. Marinos aus der J1 League aus! #proprofil

PRO Profil GmbH(@proprofil)がシェアした投稿 –

事務所の誰が仲介を担当したのかは写真を見る限りは分からないが
関係書類を調印する写真は貴重である。

過去「SARCLE」選手も「PRO PROFIL GMBH」にお世話になっている。遠藤の適性を見定めた結果、「1. FC Union Berlin」に決まったのだろうか?

藤本寛也⇒「(19-055)高木 泰裕」/「(20-059)富永 雄輔」

藤本寛也も遠藤と似たような境遇で2012年、東京ヴェルディのジュニアユース入団。
17年に東京ヴェルディトップチームに2種登録し18年に念願のプロ契約を果たす。

日本U20代表にも招集され国際試合にも出場するなど将来渇望された選手として成長する。

この時期に担当していたエージェントが「JSP」所属「高木 泰裕」が担当している。

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2018.pdf

高木氏はJリーガーのマネジメントだけでなくブラジル、韓国などからクラブ側仲介という形で選手を連れてくる実績を持つ謎に包まれている人物である。

だが藤本は彼との契約をたった一年で破棄し現在の「富永雄輔」に乗り換えている。

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

富永氏は「進学塾VAMOS」代表として経営する傍らサッカー選手をマネジメントしていたのだが
2019年から誰からの誘いだったのか吉田麻也が在籍する世界的有名な「Base Soccer Agency」メンバーチームとして入閣。ガンバ大阪に「Markel Susaeta」移籍に関与した人物の一人とされている。

※仲介取引一覧2019にはSusaetaについて明記されていないのは何故なのだろうか?

 

現時点の情報ではポルトガル「Gil Vicente」へ移籍する話が浮上している。
「Base Soccer Agency」自体クライアント選手をポルトガルクラブへ仲介した実績があるので藤本の件も同じように行ってもらう可能性がある。

東京VのMF藤本寛也がポルトガル1部移籍 - J2 : 日刊スポーツ
J2東京ヴェルディのMF藤本寛也(21)がポルトガル1部リーグのジル・ビセンテに移籍することが29日、関係者の話で分かった。1シーズンの期限付きで、完全移籍に… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

どこまで進んでいるかは不明だが答えはもうじき判明するだろう。

 

~~終わり~~

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました