クラブとエージェントとの関係性(湘南ベルマーレ/2020冬編)

クラブとエージェントとの関係性

ハイプレスサッカーで常に走り続けている湘南ベルマーレ。近年の成績を踏まえると上位に食いつく結果には結びついていない。曺 貴裁(チョウ キジェ)監督がパワハラ問題で退任以降で選手たちにも変化が現れているように感じる。

それはエージェント(代理人)観点からみるとより鮮明に見えてくる。

ということで
今回は「エージェントとクラブとの関係性」シリーズ、湘南ベルマーレについて全力で調査した。すると他クラブとは違う事情が理解できるので一読することをオススメする~~~~~~~~~~。

スポンサーリンク

遠藤 貴 ✖ 年々増加 ✖ 海外移籍

監督:浮嶋 敏⇒なし?

GK:富居 大樹⇒吉見 潤(JPN) ※ジェイプランニング
GK:後藤 雅明⇒田村 信之(JPN) ※JSM
GK:谷 晃生⇒新井場 徹(JPN) ※TODER
GK:堀田 大暉⇒良藤 辰夫(JPN) ※Shuma PTE

DF:佐久間 翔士⇒なし?
DF:石井 大生⇒なし?
DF:大岩 一貴⇒吉見 潤(JPN) ※ジェイプランニング
DF:坂 圭祐⇒本田 弘幸(JPN) ※Heroe
DF:大野 和成⇒上西園 彬?(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
DF:馬渡 和彰⇒奥出 真士(JPN) ※R4SE
DF:岡本 拓也⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
DF:石原 広教⇒石川 大徳(JPN) ※スポーツ・ソリューション
DF:毛利 駿也⇒植木 竜介(JPN) ※MYYK “選手契約に関する交渉” 計2回
DF:舘 幸希⇒なし?
DF:畑 大雅⇒なし?

MF:横川 旦陽⇒なし?
MF:原 直生⇒なし?
MF:平松 昇⇒なし?
MF:齊藤 未月⇒富永 雄輔(JPN) ※BASE Soccer Agency Limited
MF:田中 聡⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:Riuler⇒冨樫 剛(JPN) ※弁護士?
MF:茨田 陽生⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
MF:松田 天馬⇒宮本 行宏 ※フットステージ
MF:三幸 秀稔⇒遠藤 貴? or 上西園 彬? ※ユニバーサルスポーツジャパン
MF:金子 大毅⇒野村 ダン(JPN)/関根 圭祐(JPN) ※Athlete Solution
MF:澤田 恒⇒宮原 継享?(JPN) ※ユーロスポーツ
MF:柴田 壮介⇒なし?
MF:古林 将太⇒小林 博(JPN) ※JSM
MF:鈴木 冬一⇒藤田 邦広(JPN) ※UDN
MF:梅崎 司⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
MF:中川 寛斗⇒野村 豊幸(JPN) ※エースポーツクリエイション
MF:山田 直輝⇒大野 祐介(JPN) ※アスリートプラス

FW:Tarik Elyounoussi⇒? CLS MUNDIAL/遠藤 貴 ※クラブ側仲介
FW:岩崎 悠人⇒中村 大志(JPN) ※BALLONDOR JAPAN/? DOUBLE DIAMOND SPORTS
FW:指宿 洋史⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン/17年度まで本田弘幸
FW:石原 直樹⇒田村 信之(JPN) ※JSM
FW:大橋 祐紀⇒大野 祐介(JPN) ※アスリートプラス
FW:根本 凌⇒なし?

参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

遠藤貴率いる「ユニバーサルスポーツジャパン」が多く占めている。
年を重なるごとに報酬金額が増えている。
将来海外移籍する選手がいるかもしれない。

FAエージェントライセンスを持っていた日本人

ユニバーサルスポーツジャパン-Universal Sports Japan-/サッカー選手を代理人としてサポート
ユニバーサルスポーツジャパンではサッカープレーヤーの権利が最大限守られるよう、選手代理人としてプレーヤーをトータル的にサポート致します。

クライアント6人が「(20-068)遠藤 貴」が経営するユニバーサルスポーツジャパンが担当している状況。

今まで紹介したJクラブと状況が異なっている。関西は「JSP」、関東では「SARCLE」、「佃ロベルト」等が多く占めていた。湘南ではクラブ側仲介含めて遠藤氏の影響力は高いと言える。

過去にイングランド(FA)認定のエージェントでもあったが彼が連れてくる助っ人はどっちかというと東欧やアジア系統等が多かった。

例を挙げると

・Mitchell Duke(セレッソ大阪 2016年度)
・SALOMONSSON EMIL(サンフレッチェ広島 2018年度/2019年度)
・BESART BERISHA(サンフレッチェ広島 2018年度)
等等

報酬も平均1000千万以上を貰っていることから各クラブ側も彼を信頼して遠藤氏に仲介をお願いしているのが理解できる。

気になるのは、これら以外の移籍関連にも遠藤氏が関わっているのが

・Chakkit Laptrakul (徳島ヴォルティス 2018年12月26日)
・David Concha(ガンバ大阪 2019年3月9日)

JFA仲介人取引一覧には掲載されておらず、いずれの選手たちは満足に出場することが叶わず退団している。確かなことはクラブ側がエージェントに報酬を支払っていない。でなければ仲介内容が載っているはずである。Jリーグ界にはこういった仲介を行われていないケースが多数存在している。

日本代表も多く抱えており、何れも欧州移籍にも成功を収めている。

ベルギー仲介人取引一覧  10人の日本人選手仲介※2019 4/1~2020 3/31
年々ベルギーでプレイする日本人が増えてきている。 この度ベルギーサッカー協会から"仲介人(エージェント)が選手、クラブ等と取引した実績データ"がPDF形式でアップされた。 今回は 膨大な取引数から日本人絡みのものをチョイス...

遠藤氏の部下と思われる「(20-019)上西園 彬」がベルギークラブに訪れて仲介に携わっている。
ちなみに上西園氏はアスリート向けサプリメント販売を展開している「株式会社KSM」アドバイザー枠として契約している(どんな繋がりでこうなったのよ)。

株式会社KSN公式サイト - 天然由来スポーツサプリメント
プロテインでもなく、エネルギーチャージサプリメントでもない、アスリートのフィジカルコンディション/メンタルコンディションを常にベストに保つためのサプリメントを製造・販売しています。スポーツを通して、アスリート・青少年の健全な育成及び全ての人の健康な生活に貢献します。

今後も湘南に限らず、他クラブから実力あるクライアントが欧州へ羽ばたいていくのは続いていくだろう。

 

結果に結びつけていない仲介報酬

2015年:2,293,572円
(遠藤 貴⇒Tando Velaphi “選手契約に関する交渉”)

2016年:3,577,920円
(松浦 修也⇒Weslley Smith Alves Feitosa “選手契約に関する交渉”)
(遠藤 貴⇒Tando Velaphi “選手契約に関する交渉”)

2017年:10,437,200円
(熊崎 厚夫⇒Lee Jeong Hyeop “選手契約に関する交渉”)
(高木 泰裕⇒Mrđa Dragan “選手契約に関する交渉”)

2018円:0円

2019年:15,510,726
(本田 弘幸⇒Tokaç Ömer Berke “選手契約の交渉”)
(遠藤 貴⇒Tarik Elyounoussi “選手契約に関する交渉”)

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

↑を見ても遠藤氏が助っ人を外国から連れてきていることから湘南は遠藤氏との交流が濃いものだと分かる。金額もJ1クラブと比べて安価で年を重ねるごとに増加している。何故か2018年度は実施されていない。

曺 貴裁が退任(2019年8月)するまで積極的に起用していたわけではなかったので支払いに見合った結果を残せていないのは非常に残念である。

 

影に潜む海外エージェント

ユース時代から湘南でプレイしている「齊藤 未月」がロシア名門「FCルビン・カザン(Futbolnyi klub Rubin Kazan)」へ移籍する報道が流れている。ただ自分だけあまりビックリしなかった。

それは齊藤が既に吉田麻也等が在籍している「Base Soccer Agency」入りしており、2019年12月に事務所があるロンドンへ極秘?に訪れていたからだ。

何故かインスタでは齊藤等の日本人関係について契約したコメントを残しておらず、いつの間にかクライアントとしてプレイ映像などで紹介されることが多い。都合が悪いことでもあるのだろうか?

もう一つ、「(20-083)中村 大志」のビジネスパートナーでロンドンに本拠を構える「Double Diamond Sports」の存在だ。

DDS – Just like the DIAMOND

2019年6月、アルバニア人「Joshua King Dada」によって創立され、岩崎等日本人を含めて20人以上在籍している。既にアジア韓国に進出にも成功しており、濃く淡々とJクラブ移籍を狙っていると思われる。

このような日本人エージェントが海外と提携しているケースは割と存在しているが必ず欧州へ移籍するとは限らないので見守るのだ。

強化体制について

湘南ベルマーレ強化本部 本部長に小原光城氏 就任のお知らせ
この度、テクニカルディレクターの田村雄三が退任し、強化本部 本部長に小原光城氏が就任することとなりましたのでお知らせいたします。 【プロフィール】 ◆氏名 小原 光城(オバラ ミツシロ) ◆生年月日

2016年1月、テクニカルディレクター(TD)だった田村雄三が退任し、当時水戸ホーリーホックで強化部長に勤めていた湘南OB「小原光城」が強化本部 本部長に就任し現在に至る。

遠藤航が2015年12月に浦和レッズ移籍と入れ替わる形で湘南にやってくるのは運命だっただろうか?

2016年は4度目のJ2降格を味わい、翌年はJ1昇格を果たすが曺 貴裁のスタッフ、選手へのパワハラが発覚するなど試合外での対応に追われる苦難を味わっている。

32試合消化時点で順位は16位と低迷を続けており、翌シーズンのJ2降格枠が4チームとさらに過酷な戦いが待ち構える。彼の手腕が試される。



来シーズンに向けて

湘南ベルマーレ 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2020
数字のみの財務諸表をグラフに変換。売上、利益、総資産、内部留保を同じ縮尺で並べて、かんたんに決算を確認できます。 神奈川県平塚市に本拠地を置くJリーグクラブ、湘南ベルマーレ、業績の推移や財務を紹介。

現時点で浦和レッズが金子 大毅に対して、坂圭佑には柏レイソルが獲得オファーを出しているとのこと。

ガンバ大阪からレンタル加入である谷 晃生の去就もポイントだ。新井場も既に各クラブにアプローチをかけていると予想され、湘南はそれらを含めて補強といった対応が迫られている。

曺 貴裁からクラブから離れてから主力がゴッソリ抜けてしまっているのは否めない。どうして、こうなってしまったのか?それでも未来は待っている。

~~終わり~~

追加情報(12/30)

Pocket

コメント

  1. […] 既に報道されている通り小手川、星等4選手が契約満了が発表され、湘南ベルマーレから「坂 圭祐」、京都サンガFCから「上夷 克典」が獲得濃厚とされている。 […]

タイトルとURLをコピーしました