クラブとエージェントとの関係性(鹿島アントラーズ/2022年編)

クラブとエージェントとの関係性2022(J1)

欧州路線へ舵を切った2022年シーズンだったが成績不振で「レネ・ヴァイラー(René Weiler)」を解任。後任としてOBであり、コーチだった「岩政 大樹」が監督を務めたがリーグ、カップ戦いずれもタイトルを取ることが叶わなかった。

今夏にかけて海外からエージェント(代理人)が鹿島オフィスに訪れたりと何やら来冬の移籍マーケットに影響を与えそうな動きがあり、目が離せない。

てなわけで22年度版のエージェント一覧を昨年と比べてご覧ください。

クラブとエージェントとの関係性(鹿島アントラーズ/2021年編)
クラブワールドカップ第2位、アジアチャンピオンズ制覇から数年、タイトルから遠ざかっている。世代交代も上手くいっているとはいえず、リーグ成績が伸びずに監督交代を余儀なくされている。 一方、エージェント界隈に変化があり、鹿島側も例外なく影...
スポンサーリンク

フットステージ × 訪問 × 鈴木 満

フットボールディレクター:吉岡 宗重

監督:René Weiler⇒? ※SPOCS GLOBAL SPORTS?/親戚説あり
コーチ:Manuel Klökler⇒なし?
コーチ:岩政 大樹⇒なし? ※マネジメント会社に所属
アシスタントマネージャー:Dragan Mrdja⇒?
ゴールキーパーコーチ:曽ヶ端 準⇒なし?
アカデミースタッフ:那須川 将大⇒木村 精孝(JPN) ※KKSスポーツマネージメント

GK:沖 悠哉⇒藤田 邦広(JPN) ※UDN
GK:權 純泰⇒Branko Hucika?(CRO)/西真田 佳典 ※クラブ側仲介
GK:山田 大樹⇒富永 雄輔?(JPN) ※CAA BASE
GK:早川 友基⇒? ※JSP

DF:金眠泰⇒Yang JungKyu(KOR)/小林 博 ※クラブ側仲介
DF:関川 郁万⇒本田 弘幸(JPN) ※Heroe
DF:Bueno⇒八木 秀一郎(JPN) ※すぽると
DF:林 尚輝⇒小田原 匡(JPN) ※JSP
DF:小田 逸稀⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
DF:溝口 修平⇒なし?
DF:安西 幸輝⇒Panagopoulos Constantin Teodoro?(POR)
DF:常本 佳吾⇒藤田 邦広(JPN) ※UDN
DF:広瀬 陸斗⇒岡 雅人(JPN) ※Sorriso

MF:三竿 健斗⇒秋山 祐輔(JPN) ※SARCLE
MF:中村 亮太朗宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
MF:舩橋 佑⇒奥出 真士(JPN) ※R4SE
MF:小川 優介⇒なし?
MF:Diego Pituca⇒Adalberto Almeida?(BRA) ※Squadra Unique Sports
MF:荒木 遼太郎⇒富永 雄輔?(JPN) ※CAA BASE
MF:永木 亮太⇒柳田 佑介(JPN) ※グロボル・フットビズ・コンサルティング
MF:樋口 雄太宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
MF:Juan Alano⇒Matheus Assaf(BRA) ※AGN Football
MF:松村 優太⇒秋山 祐輔(JPN) ※SARCLE 契約交渉 計2回
MF:和泉 竜司⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
MF:仲間 隼斗⇒木村 精孝(JPN) ※KKSスポーツマネージメント
MF:名古 新太郎⇒Alexandre Aki?(BRA)※AKI&DESIDERIO SPORTS

FW:Arthur Caíke⇒Edson Neto(BRA) ※Rec Sports
FW:土居 聖真⇒奥出 真士(JPN) ※R4SE
FW:鈴木 優磨⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
FW:上田 綺世⇒秋山 祐輔(JPN) ※SARCLE
FW:Everaldo⇒Flávio Viana(BRA) ※Kiraht Sports
FW:染野 唯月⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン

赤文字:新加入
青文字:退団

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

フットステージのクライアントが最多4名。
クラブ側による仲介は韓国人のみ
恩師と食事を取っている。

元日本代表の義弟

昨年まで続いた均等なクライアント在籍数だったがヴァンフォーレ甲府から「中村 亮太朗」、サガン鳥栖から「樋口 雄太」加入によりフットステージ所有選手が4人となった。

契約選手一覧 | サッカー選手のエージェント&マネージメント | フットステージ

前監督「レネ・ヴァイラー」のリクエストしたものだったのかは今は分からずじまいになってしまったが樋口はチームの主力として活躍しているので何よりだ。

一方で来期の去就が不透明な「名古 新太郎」の元に元日本代表「呂比須ワグナー」の義弟「(22-120)Aki Alexandre」がパートナーとともに鹿島オフィスに訪れた写真がインスタグラムで投稿されている。

契約満了が近づいているとのことで切れる半年前交渉の為に来日したとされるが実際の目的は不明。ただ彼らの後ろに元「川崎フロンターレ育成」プロジェクトグループ長「川口 良輔」の姿が確認されている。川口氏はクラブ退職後、自身でMLSマネジメント株式会社を設立し、高校卒業後ブラジルへ渡欧した「神田 凜星」、スコットランド「セルティック」所属「旗手怜央」等をマネジメントしている。

Aki側との間柄について不明だが来期に向けて協力しながら動き出しているのは間違いないだろう。

事務所に訪れてたエージェントたち

2015年:3,520,000円
(李 信昊⇒HWANG SEOK HO “選手契約に関する交渉”)

2016年:79,944,150円
(西真田 佳典⇒Leo Silva “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手:アルビレックス新潟)
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手:全北現代FC)
(西真田 佳典⇒Pedro Bispo Moreira Júnior “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒Leandro “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手:SE Palmeiras)

2017年:78,822,340円
(西真田 佳典⇒Leandro “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手:SE Palmeiras)
(西真田 佳典⇒Leo Silva “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒Pedro Bispo Moreira Júnior “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約に関する交渉”)
(秋山 祐輔⇒内田 篤人 “選手契約に関する交渉”)
(Panagopoulos Constantin Teodoro⇒金崎 夢生 “選手契約に関する交渉”)

2018年:26,680,000円
(吉見 潤⇒伊藤 翔 “選手契約に関する交渉)
(西真田 佳典⇒Leandro “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒Leo Silva “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約に関する交渉”)

2019年:19,112,760円
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約の交渉”)
(西真田 佳典⇒Leo Silva “選手契約に関する交渉”)

2020年:18,533,670円
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約の交渉”)
(西真田 佳典⇒Leo Silva “選手契約に関する交渉”)

2021年:13,598,550円
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約の交渉”)
(小林 博⇒キム ミンテ “選手契約の交渉”)

参考:https://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

図でも分かる通り、年々仲介報酬額が減少傾向にあるがブラジル人加入に関してはクラブ側に付いているエージェントによる仲介ではなく、直接相手側の事務所と交渉していると思われる。

その中で今夏以降、何人かのエージェントが直接、鹿島オフィスに訪れている写真がインスタグラムで確認されている。

まず1人はシーズン途中退団が囁かれたブラジル人「ディエゴ ピトゥカ(Diego Pituca)」等をマネジメントしている「Squadra Unique Sports」CEO「Adalberto Almeida」。のちに試合観戦したりと日本を楽しんでブラジルへ帰国している。また強化部長の名前をインスタでコメントしているので信憑性は高い。

もう一人は今夏に格安の違約金で獲得したナイジェリア人「ブレッシング エレケ(Blessing Eleke)」のエージェント「Makinwa Stephen Ayodele」。

彼は元ナイジェリア代表選手として18試合出場したレジェンド。引退後はエージェント会社「Makoz group」を設立。現役時代に培ったコネクションを活かして、欧州クラブにクライアントを移籍させた実績を多く残している。

仲介報酬について資料が22年6月30日までなので詳しい内容は来年に持ち越しになるが移籍金が日本円で約350万円との噂があるのでクラブ側の仲介なら数十万円程の支払いが発生したと予想される。

鈴木 満との会食?

今季からフットボールディレクターに就任し、レネ・ヴァイラーを招聘した「吉岡 宗重」。

10月に先輩である「鈴木 満」とともにエージェントと会食していたようだ。

パートナーである「(22-064)稲川 朝弘」とともにJクラブにクライアントを移籍させ、結果を残している「(22-215)Garrido Antonio」。過去に中東でプレイしているカイオやルイス・アルベルトを鹿島でプレイさせたりと初合わせではない。

ANTONIU'S

↑の所有している選手を閲覧すると元中国代表「エルケソン(Elkeson)」、名古屋グランパスでプレイしているマテウス等といった攻撃的なクライアントが揃っている。

結局どのような話し合いがされたのかは不明だがエヴェラウドや土居の去就もあり、補強ポイントであるCB、FWについて話し合っていたのか?様々な憶測が流れそうだ。

来期に向けて

鹿島アントラーズ 売上/利益/業績推移の決算グラフで経営分析 2021
数字のみの財務諸表をグラフに変換。売上、利益、総資産、内部留保を同じ縮尺で並べて、かんたんに決算を確認できます。 茨城県鹿嶋市に本拠地を置くJリーグクラブ、鹿島アントラーズFC、業績の推移や財務を紹介。

コロナ再発等の問題があったにもかかわらず、21年度決算は当期800万円の黒字に転じたのは好材料だ。だがフロント陣は来シーズンも岩政監督続投を決めているので、より選手、コーチ陣が協力していかなければならない。補強ポイントであるCB、FWのテコ入れするなどで人事に関する批判を乗り越える必要がある。

その点含めて、エージェントと上手く取り合ってマネジメントしていけば来シーズンの結果に表れてくるだろう。

~~終わり~~

 

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました