クラブとエージェントとの関係性(鹿島アントラーズ/2021年編)

クラブとエージェントとの関係性2021

クラブワールドカップ第2位、アジアチャンピオンズ制覇から数年、タイトルから遠ざかっている。世代交代も上手くいっているとはいえず、リーグ成績が伸びずに監督交代を余儀なくされている。

一方、エージェント界隈に変化があり、鹿島側も例外なく影響を受けている。

ということで今回は鹿島アントラーズに関する全選手エージェントについて調べてみました。昨年の記事と比べながら変化を楽しんでほしい。

 

クラブとエージェントとの関係性(鹿島アントラーズ/2020冬編)
Jリーグオリジナル10として常にタイトルを総なめしてきた名門「鹿島アントラーズ」。 リーグ制覇8回、ルバン(前ナビスコ)カップ優勝6回、天皇杯優勝5回等を輝かしい結果を残しているのは誰もが認める名門チーム。それはチーム創設メンバーの一...
スポンサーリンク

大手事務所 × アルトゥール × 呂比須義弟

監督:Antônio Carlos Zago⇒Hugo Garcia Martorell? ※ADM Esporte
コーチ:相馬 直樹⇒小林 博 or 田村 信之 or 今井 祐介 or 姜 榮 ※JSM

GK:沖 悠哉⇒藤田 邦広(JPN) ※UDN
GK:權 純泰⇒Branko Hucika?(CRO)/西真田 佳典 ※クラブ側仲介
GK:山田 大樹⇒富永 雄輔?(JPN) ※CAA BASE
GK:早川 友基⇒なし?

DF:林 尚輝⇒なし?
DF:犬飼 智也⇒奥出 真士(JPN) ※R4SE
DF:町田 浩樹⇒富永 雄輔?(JPN) ※CAA BASE/かつて田邊 伸明が担当
DF:関川 郁万⇒本田 弘幸(JPN) ※Heroe
DF:永戸 勝也⇒段家 卓也(JPN) ※UDN
DF:杉岡 大暉⇒なし?
DF:小泉 慶⇒本田 弘幸(JPN) ※Heroe
DF:広瀬 陸斗⇒岡 雅人(JPN) ※Sorriso
DF:常本 佳吾⇒段家 卓也 or 藤田 邦広 ※UDN

MF:三竿 健斗⇒秋山 祐輔(JPN) ※SARCLE
MF:永木 亮太⇒柳田 佑介(JPN) ※グロボル・フットビズ・コンサルティング
MF:Léo Silva⇒Candido Neto(BRA)等/西真田 佳典 ※クラブ側仲介
MF:舩橋 佑⇒なし?
MF:小川 優介⇒なし?
MF:Diego Pituca⇒Adalberto Almeida?(BRA) ※Squadra Unique Sports
MF:Juan Alano⇒Matheus Assaf(BRA) ※AGN Football
MF:荒木 遼太郎⇒富永 雄輔?(JPN) ※CAA BASE
MF:松村 優太⇒? ※SARCLE
MF:和泉 竜司⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
MF:須藤 直輝⇒なし?
MF:白崎 凌兵⇒西澤 明訓(JPN) ※JSP

FW:Arthur Caíke⇒Edson Neto(BRA) ※Rec Sports
FW:土居 聖真⇒奥出 真士(JPN) ※R4SE
FW:遠藤 康⇒新井場 徹(JPN) ※TODER
FW:Everaldo⇒Flávio Viana(BRA) ※Kiraht Sports
FW:伊藤 翔⇒? /18年度に吉見 潤がクラブ側仲介を担当
FW:上田 綺世⇒秋山 祐輔(JPN) ※SARCLE
FW:染野 唯月⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン

新加入:赤文字
退団:青文字

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

JFA大手事務所3社が各3人のクライアントを持つ状況。
昨年の仲介内容は変わらないが支払う金額が若干減少。
獲得までに苦労した期待ブラジル人のエージェント会社。

大手3社の動き

鹿島のエージェント事情で他クラブと比べて特徴的なのは前回でもお伝えした通り、1事務所につきクライアントが2人まで在籍している点である。これはジーコスピリットを保つ為の決まりかもしれないが世界的にも珍しい。大迫の鹿島復帰も、ここが引っかかって断念したのだろうか?

昨年と同じく若手に対して新規にエージェントを付けている。2021年に松村優太が大迫先輩も所属している「SARCLE」と契約したとHPで報告されている。現在リーグ戦23節消化して途中出場が多いので移籍期間の間に育成型期限付き移籍させて成長を促すことも可能だ。

近年「CAA BASE」の動きも活発だ。インスタグラムでは契約報告はなかったが「Transfermarkt」やJFA仲介人取引一覧によると既に日本人選手を徐々に増やしている。

鹿島では日本各年代に選出されているGK「山田 大樹」が新たにクライアントとなっている。

UDNもJリーグにおいて年々影響力が増している。新規ではレギュラーを確保しつつある「常本 佳吾」と契約を交わしている。

アルトゥール・カイキについて


2015年:3,520,000円
(李 信昊⇒HWANG SEOK HO “選手契約に関する交渉”)

2016年:79,944,150円
(西真田 佳典⇒Leo Silva “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手:アルビレックス新潟)
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手:全北現代FC)
(西真田 佳典⇒Pedro Bispo Moreira Júnior “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒Leandro “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手:SE Palmeiras)

2017年:78,822,340円
(西真田 佳典⇒Leandro “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手:SE Palmeiras)
(西真田 佳典⇒Leo Silva “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒Pedro Bispo Moreira Júnior “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約に関する交渉”)
(秋山 祐輔⇒内田 篤人 “選手契約に関する交渉”)
(Panagopoulos Constantin Teodoro⇒金崎 夢生 “選手契約に関する交渉”)

2018年:26,680,000円
(吉見 潤⇒伊藤 翔 “選手契約に関する交渉)
(西真田 佳典⇒Leandro “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒Leo Silva “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約に関する交渉”)

2019年:19,112,760
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約の交渉”)
(西真田 佳典⇒Leo Silva “選手契約に関する交渉”)

2020年:18,533,670
(西真田 佳典⇒kwoun suntae “選手契約の交渉”)
(西真田 佳典⇒Leo Silva “選手契約に関する交渉”)

参考:https://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

外国人関連はここ数年はJSP(ジャパン スポーツ プロモーション)が仲介している。

今季加入したものの殆どリーグ戦をメンバー外で過ごしている「アルトゥール・カイキ(Arthur Caíke)」。代理人は10年以上に渡ってサッカー選手を携わったブラジルを拠点にしている「Rec Sports」創立者「Edson Neto」。

Rec Sports | Assessoria Esportiva
Rec Sports - Assessoria esportiva para jogadores de futebol profissionais e de base. Assessoria de Keno, Felipe Jonatan, Artur, Diego Rosa, Arthur Caíke e mais!

弊社インスタによるとJFAエージェントについて触れられていないので鹿島側が直接コンタクトして交渉したと思われる。これはジーコのコネクションで繋がった関係なのだろうか?

Jリーグを知り尽くしているブラジル系事務所

獲得実現までになかなか時間を要したであろうブラジル人「ディエゴ ピトゥカ(Diego Pituca)」について時系列に沿って説明していこう。

昨年11月から鹿島がピトゥカ前所属「サントス」に交渉を持ちかけ、違約金120万ドルを提示したが拒否される。一時期はオファーを撤回したとの報道が流れたが翌年1月に一変し、鹿島側からピドゥカの完全移籍での加入が発表された。

彼をサポートしている事務所はブラジル、ポルトガル中心に活動している「Squadra Unique Sports」。他クライアントには元鹿島の「ジネイ(DINEI)」や清水エスパルスでプレイしている「レナト アウグスト(RENATO AUGUSTO)」が在籍している。

Squadra Unique Sports
A Squadra Unique Sports é uma empresa que está no mercado a mais de dez anos de maneira idônea. Buscando oportunidades para aumentar o potencial profissional e...

また19年に元日本代表「ロペスワグナー」の義弟「AlexandreAki」と協力して、アルビレックス新潟に「サミュエル サントス(Samuel Santos)」と「フランシス(Francis)」に移籍させることに成功している。

 あの人は今 (ルイスアルベルト)

14年にポルトガル「ブラガ」から期限付き移籍で加入したブラジル人MF。当時不動の中盤だった小笠原満男、柴崎岳からレギュラーを奪うことが出来ず、結局1年で退団。

その後はポルトガルで転々と移籍を繰り返し、18年に引退。

現在はエージェントに転身し、現役時代にお世話になった「Antoniu’s Assessoria Esportiva」のパートナーとして元鹿島カイオの移籍に尽力している。

彼は今日も世界のどこかでビジネスを繰り広げている。

今後の動向

夏の移籍期間は現時点で安西 幸輝獲得のみで選手放出といった人員整理が多くみられる。

恐らく「(21-136)Panagopoulos Constantin Teodoro(テオ)」がクラブ側として仲介したと予想される。それは2015年に加入した「金崎 夢生」の件も彼が関わっているからだ。

コロナ影響下で予算がかなり削られていると予想されるので、放出分を上手く使って、テコ入れするならDF、CFあたり1選手ほど欲しいところ。

~~終わり~~



Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました