(仲介人取引一覧)香川真司を仲介した者たち

○○を仲介した者達

C大阪下部組織で育ち、のちにドイツ「Borussia Dortmund」へ移籍した香川真司。
その年からリーグ連覇、カップ戦優勝等キャリアとして輝かしいものとしてファンの記憶にも残していた。

現在はトルコ、スペインと渡り歩き
日本代表として再起をかけてプレイを続けている。

今回は
そんな香川真司のエージェントについて語っていく~~。

スポンサーリンク

全てはここから始まった

C大阪でレギュラーとしてプレイしていた香川に
ドイツ人「Thomas Kroth」が接触し始めてきた。

フランクフルトでプレイしていた「高原直泰」を浦和レッズに移籍させる事に成功した事で日本サッカーに接近する形となったKrothが香川の才能を目を光らす。

2010年ドイツ「Borussia Dortmund」へ自由移籍という形で加入。
以降日本人がドイツへの移籍が頻繁に行われることとなる。

当初通訳を交えての練習で多少溶け込むのに時間が掛かった香川だが
10/11シーズン序盤からレギュラーを獲得。中足骨骨折で離脱したが
最終節で復帰し見事ブンデスリーガ優勝を成し遂げた。

翌11/12も絶好調をキープ。得点13ゴール、12アシストを記録。
チームの軸として活躍しブンデスリーガ2連覇を果たす。

まさに香川自身のキャリアが最高潮といえる。
Krothもさぞ喜んでいたことだろう。

Sir Alex Fergusonに導かれイングランドへ

ドイツの活躍が評価され
数クラブから興味を示される中、イングランド「Manchester Unitedレジェンド監督「Sir Alex Ferguson」直々に獲得オファーが舞い込む。

一説によるとkrothはドイツの他にイングランドに
PROProfil UK Sports Management」という支部があり、そこから「Manchester関係者」と交渉し香川を獲得したそうな(そういった記事があったはずなんだが…)

因みにイングランド支部メンバーは日本人関係者らしき者たちと2013年頃に理由は不明だがスタジアム観戦として一緒に帯同している。

2012年6月
香川はイングランド「Manchester United」へ完全移籍で入団。
契約は4年、移籍金は20億円。

12/13シーズン途中、膝の怪我があり約2ヶ月間離脱したものの
第28節「Norwich」戦でプレミアリーグでのアジア選手初のハットトリックを成し遂げ、この年は優勝を経験している。

出会いは突然に

翌13/14シーズン「Alex Ferguson」が監督を勇退し
彼の推薦でスコットランド人「David  Moyes」が就任。

ブラジルで行われた「FIFA Confederations Cup」に出場していた香川は
ファーストチームの合流に遅れてしまった事もありシーズン序盤はベンチ外を余儀なくされた。スタメン起用の試合もあったが呼吸困難になったりもあり思ったような結果を残せぬままシーズンは終了。Moyesも退任することとなった。

15/16プレシーズンに「Ryan Giggs」が監督に就任するが香川はチーム構想外となり、ついにドイツ「Borussia Dortmund」へ帰還するような流れで復移籍。だが全盛期ような輝きはなかなか見せることが出来ず「Klopp」から「Thomas Tuchel」が就任する16/17シーズン、「Peter Bosz」が解任、「Peter Stöge」就任と移り変わる17/18シーズンで結果を残していく。

だが翌年にスイス人「Lucien Favre」が就任すると香川はチーム戦力外となる。この頃だろうか香川が「スペインでプレイしたい」と公言するようになったのは。

krothとの関係も冷え込んでいく中、トルコ移籍の噂が流れていた時期に代理人を変更したとされている。「AC TALENT」を経営しているスペイン人「Arturo Canales」である。

Arturoは多くのスペイン代表をマネジメントしている有力エージェントである。例えばスペイン代表「Kepa」やフランス代表「Samuel Umtiti」等。
何故香川がArturoと契約する流れとなったのか?

これは考察だがイングランド時代から親友だった「Ander Herrera」の紹介かもしれない。プライベートで将来のキャリアで悩んでいた香川はHerreraに打ち明けて自身の代理人だったArturoを紹介してもらったかもしれない。

結局香川はドイツ時代からお世話になったKrothと決別し2019年1月に
トルコ「Beşiktaş」へ半年の期限付き移籍する。

トルコサッカー協会(TFF)のHPからも確認する事が出来るので
興味ある方はご覧あれ~~

https://www.tff.org/Resources/TFF/Documents/TFF/Futbol-Menajerleri/2018-19/TRANSACTIONLIST.PDF

その約半年後
香川自身の夢だったスペインでのプレイが現実となる。
「Real Zaragoza」へ完全移籍。契約期間は2年、移籍金は推定3億円、推定年棒6億5千円。国外での仲介は上手くいっていなかった?Krothと打って変わってスペイン入りと成し遂げたArturo。代理人を変えるだけで運命が左右する典型的なケースと言える。

香川は日本に帰ってくるのだろうか?

香川は年齢が31歳とキャリアとしてもピークは過ぎていることからJリーグでのプレイも視野に入れているかもしれない。

整理すると現在彼を代理人として付いているのはスペイン人「Arturo Canales」だが実は数年前に神戸社長「三木谷浩史」と食事をしている事が判明している。」

三木谷社長自身も他の代理人と交流したりと積極的らしいから
もしかすると香川がもし日本でプレイするなら「ヴィッセル神戸」だったりするかもしれない。

またメディア対応等はJFA仲介人リストにも登録しクライアント選手を海外移籍させる事に成功している「株式会社UDN SPORTS」メンバーの動きも注目。

Arturoも「UDN」の存在を香川から聞いているはずだから
仮に日本へ帰るようなビジネスプランが出たら「(20-134)段家 卓也」、
(20-194)藤田 邦広」と連携しながらクラブと仲介するとなるだろう。

移籍は複数の代理人との協力で実現するケースは意外に多いので
有り得ない話ではない。

さて
香川はいつ日本でプレイするのやら………….。

~終わり~

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました