鈴木武蔵、三度のエージェント変更列伝

○○を仲介した者達

近年成長が著しい日本代表「鈴木武蔵」。

数々のJクラブで武者修行で自分のストライカーとしての才能が開花。
そして2020年ついに念願の海外移籍、ベルギー「Koninklijke Beerschot Antwerpen Club」への加入する。

順風満帆に感じるがエージェント(代理人)面で見てみると

意外と苦労していることが判明した。

というわけで
今回は鈴木武蔵に関わったエージェントについて資料を利用しながら
説明していく~~。

最初は女性エージェント(2015年~2016年)

武蔵のキャリアを順に追って説明する。

ジャマイカ人の父と日本人の母の間で生まれた武蔵は桐生第一高等学校卒業後、2012年にアルビレックス新潟へ入団。

この時期は誰と契約していたのか?

例によってJFAのHPから仲介人取引一覧で確認してみると

「(16-060) 松村 まどか 鈴木 武蔵 “選手契約に関する交渉” アルビレックス新潟」

参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2016.pdf

女性エージェントである「松村まどか」という人物がクラブと交渉したことが分かる。

彼女はどこかの税理士事務所にいたらしく、そこらへんの情報が不透明なので何とも言えないが少なくとも過去に武蔵と現在FC東京在籍の「宮崎幾笑」をマネジメントした経緯を持っていることが判明している。

どこで武蔵と彼女が出会ったのかは全く不明。結局2人の関係は1年で終息した。

 

2人目は香川真司も在籍するエージェント(2017~2019)

、その後プロ契約を交わす。Jリーグアンダー選別U23、水戸ホーリーホック、松本山雅FCへとプレイ環境が変わりつつも自分の価値を徐々に見出していく。

2018年にファーレン長崎へ完全移籍を果たし29試合11ゴールでシーズンを終える大活躍を見せる。翌年に移籍した北海道コンサドーレ札幌でのプレイが認められ、念願の日本代表に選出されキリンチャレンジカップ2019コロンビア戦にて先発出場。日々の努力が報われた瞬間でもあった。

2019年度まで武蔵をマネジメントしていた人物を確認すると

「(17-134) 段家 卓也 鈴木 武蔵 “選手契約に関する交渉” V・ファーレン長崎」
参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2017.pdf

「(19- 134) 段家 卓也 鈴木 武蔵 “選手契約に関する交渉” 北海道コンサドーレ札幌」
参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2018.pdf

近年、Jリーグでも影響力が高まっているエージェント「(20-134) 段家 卓也」と契約したようだ。

UDN SPORTS - アスリートが、社会を変える。あなたと変える。
UDN SPORTSはアスリートが培った経験や知識を尊重しつつ、彼らの活動を支援していきます。 アスリートの参画による社会貢献活動や商品開発等を展開し、より良い未来の実現を目指します。アスリートと共に社会を変えるサポーターを募集しています。

このブログでもお馴染みな存在になりつつある段家氏。相棒である「(20-194)藤田 邦広」とともに日本は勿論、世界にもクライアント選手移籍を成功させている。

まだ海外との力の差があると実感しているであろう段家氏と契約した武蔵の選択は間違っていなかったのだろう。現に「北海道コンサドーレ札幌」での活躍、日本代表を選出は紛れもない事実なのだから。

ベルギー移籍を導いたのは、あの男(2019~)

そして念願の海外移籍である2020年ベルギー「Koninklijke Beerschot Antwerpen Club」の入団が北海道コンサドーレ札幌から発表された。

この時期にまた武蔵はエージェントを変更している。

「(20-068)遠藤 貴 鈴木 武蔵 “選手契約に関する交渉” 北海道コンサドーレ札幌」
参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

遠藤貴氏は欧州、アジア等といったコネクションが豊富であり、各Jクラブに選手を送り込んでいる。
また自身が所有している選手を部下と思われる「(20-019)上西園 彬」と連携してベルギー中心に活動している。詳細はこの記事を読むと理解できると思う。

ベルギー地元の事務所というのがベルギー代表「Casper De Norre」等が在籍している「CHERRY SPORTS」の協力で実現したようだ。

植田直通の場合、JFA側のエージェントが「SARCLE」の「(20-079)秋山 祐輔」と契約しており遠藤氏との関係はないがクラブ側として「CHERRY SPORTS」が武蔵の為に交渉してくれたこととなる。

こういったケースは割と珍しいが海外移籍を熱望していたと思われる武蔵のキャリアを考えれば、大したことはないかもしれない。

武蔵の活躍を期待したい。

~~終わり~~

Pocket

スポンサーリンク
○○を仲介した者達
junjunをフォローする
junjunのサッカーエージェント的ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました