クラブとエージェントとの関係性(名古屋グランパス/2020秋編)

クラブとエージェントとの関係性
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

元ブラジル代表「Jô(ジョー)」獲得といった大型補強を敢行したりとJ1制覇を目指していたが

「風間 八宏」解任、フロント内での対立が表面化していた中で元FC東京を指揮していたイタリア人「Massimo Ficcadenti(マッシモ フィッカデンティ)」を招聘したりと苦しいシーズンが続いていく。またJôとの契約解除を皮切りに国際サッカー連盟(FIFA)の紛争解決室(DRC)にまでに問題が発展している。

というわけで
今回は名古屋グランパスの選手のエージェント(代理人)に関して大まかに調べてみた。
フロントとの関係性も含めて御紹介していく~~~~~~~~~~~~~~~~~~。

稲川朝弘 ✖ ブラジル人 ✖ 佃ロベルト

監督:Massimo Ficcadenti佃 ロベルト?(JPN) or 大野 祐介?(JPN)

Gk:Mitchell Langerak⇒Micallef-Grimaud John(AUS) /稲川 朝弘 ※クラブ側仲介
GK:武田 洋平⇒高木 泰裕(JPN) ※JSP
GK:渋谷 飛翔⇒大野 祐介(JPN) ※アスリートプラス
GK:三井 大輝⇒なし?

DF:中谷 進之介⇒西澤 明訓(JPN) ※JSP
DF:丸山 祐市⇒武井 択也(JPN) ※イマージェント
DF:千葉 和彦⇒稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション
DF:藤井 陽也⇒佃 ロベルト or 西塚 定人 or 坂田 大輔 ※スポーツコンサルティングジャパン
DF:吉田 晃⇒なし?
DF:太田 宏介⇒武井 択也(JPN) ※イマージェント
DF:吉田 豊⇒なし? ※16年度まで吉﨑 博文が担当
DF:秋山 陽介⇒稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション
DF:宮原 和也⇒新井場 徹(JPN)   ※元稲川朝弘が担当
DF:呉 宰碩(オ ジェソク)⇒?/西真田 佳典 ※ガンバ大阪時代 クラブ側仲介
DF:成瀬 竣平⇒奥出 真士(JPN) ※R4SE
DF:石田 凌太郎⇒馬淵 雄紀 or 武井 択也 ※イマージェント

MF:渡邉 柊斗⇒なし?
MF:甲田 英將⇒なし?
MF:João Schmidt⇒DECO(POR) ※D20 Sports/稲川朝弘 クラブ側仲介なし
MF:米本 拓司⇒佃 ロベルト(JPN) ※スポーツコンサルティングジャパン
MF:稲垣 祥⇒吉見 潤(JPN) ※ジェイプランニング
MF:長谷川 アーリアジャスール⇒秋山 祐輔(JPN) ※SARCLE
MF:阿部 浩之⇒西真田 佳典(JPN) ※JSP
MF:Gabriel Xavier⇒Junior Pedroso?(BRA)/稲川朝弘 ※4COMM クラブ側仲介なし

FW:豊田 晃大⇒なし?
FW:Mateus⇒Antônio Fernando Garrido(BRA)/稲川朝弘 クラブ側仲介なし
FW:相馬 勇紀⇒佃 ロベルト(JPN) ※スポーツコンサルティングジャパン
FW:前田 直輝⇒秋山 祐輔 or 宮川 悟 or 堤 俊輔  ※元稲川朝弘が担当
FW:金崎 夢生⇒なし?
FW:山崎 凌吾⇒田村 信之(JPN) ※JSM

参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

外国人含めてクライアントが多く在籍している。元広島選手の姿も
現時点でクラブ側仲介で残留しているのはLangerak(ランゲラック)のみ
稲川氏と同じく名古屋に多大な影響を持つ佃ロベルト

名古屋との関係は鉄壁

株式会社スポーツ ソリューション|Sports Solution Inc.|Sports Solution INT'L Inc.
プロサッカー選手の代理人業務をメインとした株式会社スポーツ ソリューションのウェブサイトです。Jリーグ他数多くの選手が所属し活躍をしています。

↑の図やHPを見ても分かる通り現時点の名古屋と稲川朝弘との関係が濃いというのが納得できると思う。

「千葉 和彦」や「宮原 和也(現在は新井場が担当)」もサンフレッチェ広島から連れてきたのも稲川氏が手がけたもの。広島もブラジル人を送り込んだりと名古屋とのルートを確率している。

ただ近年はクライアントが他エージェントに移ってしまうなどプラン通りにはいかない状況とようだ。例えば「宮原 和也」や最近は「前田 直輝」がSARCLEと契約を交わしたりと入れ替わりが激しくなっている。海外移籍の実績が近年乏しいのがネックなっているかもしれない。

2019年度に多くの報酬が発生

2015年:4,488,400円
(高木 泰裕⇒LEE Seung-Hee “選手契約に関する交渉”)

2016年:8,474,278円
(西真田 佳典⇒Ha Dae-sung “選手契約に関する交渉”)
(稲川 朝弘⇒Gustavo “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手先:Esporte Clube Bahia)

2017年:0円
2018円:0円

2019円:55,992,980
(稲川 朝弘⇒Mitchell Langerak “選手契約の交渉” 計2回)
(稲川 朝弘⇒Jô “移籍合意及び選手契約の交渉” 相手先:SC Corinthians)
(稲川 朝弘⇒Willian Rocha “移籍合意及び選手契約の交渉” 相手先:Tombense)

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

株式会社スポーツ ソリューション インターナショナル|Sports Solution INT'L Inc.
プロサッカー選手の代理人業務をメインとした株式会社スポーツ・ソリューション インターナショナルのウェブサイトです。数多くの選手が所属し活躍をしています。

やはり報酬金額から見ても数百万円をJ1でも財政的に金満であるのが伺える。

2019年度では5年間で一番多く支払っている。まずLangerak(ランゲラック)に関して交渉が2回行われ、Jô(ジョー)やWillian Rocha(ウィリアム ロチャ)に関してはそれぞれ”移籍合意”、”選手契約”に稲川氏が仲介している。恐らくこの2つの交渉が全額の大半を占めていると思われる。

気がかりなのはJoão Schmidt、Mateus等といった外国人に関する仲介が資料に明記されていないこと。HPでは稲川氏が関与したのは紛れもない事実なのだが契約に発生した金額が不明瞭のままだ。

因みにLangerakは2018年度は「Micallef-Grimaud John」に選手側として交渉してもらっている。

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2018.pdf

名古屋期待株も引き込む勧誘力

稲川氏と同じくらいクラブに力を持っている「(20-061)佃 ロベルト」。

契約選手・指導者|スポーツコンサルティングジャパン
プロスポーツ選手の契約に関わるコンサルティング業務を行うと共に、選手のマネージメントやマーケティング業務をあわせて行います。選手が質の高いパフォーマンスを提供できるようあらゆる面でサポートし、多くの人がスポーツの喜びや感動を共有できる環境作りを目指します。

相変わらず他Jクラブでの若手引き抜いており名古屋では「藤井 陽也」と契約することに成功している。また稲川氏と対象的にクライアントが離れるといった事は滅多にない。既に引退している「那須 大亮」や「榎本 哲也」等といったOBも引き続き在籍している。

近年は元ベガルタ仙台「渡邉 晋」や現名古屋グランパス「Massimo Ficcadenti」をクライアントに迎えたりと監督を生業にしている人物との契約を徐々に増やしている。

もしかしたら「風間 八宏」元監督を解任まで追い詰めたのって佃氏だったりしてね。

強化体制について

現在の名古屋にはGM(ジェネラル マネージャー)職は置いておらず、統括部強化・補強担当である「大森征之」が各交渉役として受け持っている。

日本国内のみならず新たな戦力として海外に飛んだりと積極的な場面も見られるが、ここにも稲川朝弘の姿が見られる。

例えば数年前の写真では稲川氏のビジネスパートナーの一人「Grupo JMB」「JORGE MACHADO」(現ユベントスFCのアルトゥールと契約したが彼の父の不仲が原因で関係を解消)との2ショットが残されている。

別視点ではMateusの事務所関係者とも帯同していることから親しさが伝わってくる。

2021年も大森氏の動向は注目せざるを得ない。

来シーズンに向けて

名古屋グランパスエイト 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2020
数字のみの財務諸表をグラフに変換。売上、利益、総資産、内部留保を同じ縮尺で並べて、かんたんに決算を確認できます。 愛知県名古屋市に本拠地を置くJリーグクラブ、名古屋グランパスエイト、業績の推移や財務を紹介。

スポニチによるとセレッソ大阪DF「木本恭生」に正式オファーを出している報道が流れた。
対人戦と空中戦に強くボランチもこなせる木本に対して複数のJクラブが注目してる中、いち早く名古屋が動く出している。

エージェントが「(20-056)坂井 充隆」と滅多に表舞台に現れることない人物で名古屋との関係も濃いわけではない。恐らくFiccadenti直々のリクエストであるではないかと。クラブ自体の財政はコロナの影響で余裕はないはずだが親会社「トヨタ自動車」の回復が見込まれているので悲観するような状況ではないかもしれない。

~~終わり~~

Pocket

スポンサーリンク
クラブとエージェントとの関係性
junjunをフォローする
junjunのサッカーエージェント的ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました