クラブとエージェントとの関係性(湘南ベルマーレ/21年編)

クラブとエージェントとの関係性2021

毎年主力メンバーが放出されても、持ち前のプレッシングサッカーでJ1リーグを生き残ってきた。

そんな中、若手の台頭により、JFAエージェントが近づいている動きがある。それはJリーグ共通の出来事であり、湘南ベルマーレも例外ではない。リーグ終盤に差し掛かっている中で来シーズンに向けて準備を進めている序章といえる。

昨シーズンの記事と見比べながら、見解を深めてほしい。

クラブとエージェントとの関係性(湘南ベルマーレ/2020冬編)
ハイプレスサッカーで常に走り続けている湘南ベルマーレ。近年の成績を踏まえると上位に食いつく結果には結びついていない。曺 貴裁(チョウ キジェ)監督がパワハラ問題で退任以降で選手たちにも変化が現れているように感じる。 それはエージェント...
スポンサーリンク

海外移籍候補者? × ダイレクト交渉 × 髙橋 佑行

監督:浮嶋 敏⇒なし?

GK:谷 晃生⇒本田 弘幸(JPN) ※Heroe /20年度まで新井場 徹が担当
GK:富居 大樹⇒吉見 潤(JPN) ※ジェイプランニング
GK:堀田 大暉⇒良藤 辰夫(JPN) ※Shuma
GK:立川 小太郎髙橋 佑行(JPN) ※ワンダレスト

DF:石井 大生⇒なし?
DF:石原 広教⇒石川 大徳(JPN) ※スポーツ・ソリューション
DF:舘 幸希⇒? ※フットステージ
DF:大野 和成⇒上西園 彬(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
DF:大岩 一貴⇒吉見 潤(JPN) ※ジェイプランニング
DF:田中 聡⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
DF:蓑田 広大⇒なし?
DF:山本 脩斗⇒熊崎 厚夫(JPN) ※JSP
DF:毛利 駿也⇒植木 竜介(JPN) ※MYYK

MF:平岡 大陽⇒なし?
MF:原 直生⇒なし?
MF:石川 玄大⇒なし?
MF:柴田 壮介⇒野村 ダン or 関根 圭祐 ※Athlete Solution
MF:Riuler⇒冨樫 剛(JPN) ※弁護士
MF:茨田 陽生⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
MF:三幸 秀稔⇒上西園 彬(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
MF:岡本 拓也⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
MF:古林 将太⇒小林 博(JPN) ※JSM
MF:高橋 諒⇒西岡 明彦(JPN) ※フットメディア
MF:畑 大雅⇒? ※UDN
MF:名古 新太郎⇒Alexandre Aki?(BRA)※AKI&DESIDERIO SPORTS
MF:山田 直輝⇒大野 祐介(JPN) ※アスリートプラス

FW:Welinton Junior? ※Marcio Bittencourt Sports
FW:池田 昌生⇒吉見 潤(JPN) ※ジェイプランニング
FW:Tarik Elyounoussi⇒? CLS MUNDIAL/遠藤 貴
FW:町野 修斗⇒佐久間 清次(JPN) ※eAMA
FW:WellingtonCristiano Manica? ※C.M. ASSESSORIA ESPORTIVA
FW:石原 直樹⇒田村 信之(JPN) ※JSM
FW:大橋 祐紀⇒大野 祐介(JPN) ※アスリートプラス
FW:根本 凌⇒なし?

赤文字:新加入
青文字:退団

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

昨年と変わらず”ユニバーサルスポーツジャパン”が維持している。
クラブ側仲介による報酬が発生していない。
浦和ユンカー獲得に関わったと言われる?エージェント。

海外移籍候補選手

冒頭でも伝えたように湘南も例外なく若手中心にエージェントを付ける傾向が強くなっている。

ドイツでプレイしている日本代表「遠藤航」等と契約している「ユニバーサルスポーツジャパン」。今のところ仲介人取引一覧によると湘南での新規選手を取り込めてはいない。

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2020.pdf

一方で昨年までフリーだった舘 幸希、畑 大雅等が大手事務所「フットステージUDN」と契約している。

注目は東京オリンピックでは全試合フル出場を果たした「谷 晃生」が本田圭祐の兄「(21-057)本田 弘幸」へのエージェント変更だろう。既に本田圭祐含めてクライアント数人が欧州トップリーグでプレイしていることから実績は充分だ。

こういった流れから齊藤 未月のようにレギュラー陣から他クラブへの移籍が加速すると予想される。

 

JFAエージェントに頼らない外国籍選手獲得

2015年:2,293,572円
(遠藤 貴⇒Tando Velaphi “選手契約に関する交渉”)

2016年:3,577,920円
(松浦 修也⇒Weslley Smith Alves Feitosa “選手契約に関する交渉”)
(遠藤 貴⇒Tando Velaphi “選手契約に関する交渉”)

2017年:10,437,200円
(熊崎 厚夫⇒Lee Jeong Hyeop “選手契約に関する交渉”)
(高木 泰裕⇒Mrđa Dragan “選手契約に関する交渉”)

2018年:0円

2019年:15,510,726円
(本田 弘幸⇒Tokaç Ömer Berke “選手契約の交渉”)
(遠藤 貴⇒Tarik Elyounoussi “選手契約に関する交渉”)

2020年:0

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

今年に関しては他Jクラブと親交ある海外事務所に直接交渉したとされる。

ポルティネンセから約1億円のレンタル料を支払って獲得した「ウェリントン ジュニオール「(Welinton Junior)」に関してはブラジルに事務所を構える「MARCIO BITTENCOURT SPORTS」のクライアントである。しかし起用されることはなく、リーグ戦、カップ戦の殆どをベンチ外過ごしている。来年にはポルトガルへ戻ると予想される。

ヴィッセル神戸等、過去複数のJクラブでプレイしたウェリントン。一時期は彼の兄がエージェントに務めていたらしいが現在は「Cristiano Manica」が引き継いでいる。

15年4月アビスパ福岡加入時は「西田 泰三」が仲介したと明記しているが現在仲介人リストから彼の名前が抹消されていることから別の人物が関わったとされる。

東欧と繋がっている?敏腕エージェント

株式会社ベストクルーズ専務取締役を務めており、欧州クラブと繋がりを持っている「(21-250)髙橋 佑行」。

数年前からエージェントとして活動しており、Twitterによると2021年、浦和レッズに加入したキャスパーユンカーに何らの形で関わっているとツイートしているが真相は闇の中。

また少数であるが立川 小太郎以外の日本人選手と契約している。

入間川 景太 ※ボンボネーラ 岐阜
・宇野木 悠佑 ※フリー

参考:https://www.transfermarkt.com/wonderest-inc-/beraterfirma/berater/7185

他JFAエージェントとの実績を比べるとまだ乏しいが、隠し持っているコネクションによっては将来化ける可能性があるので注目していこう。

あの人は今(ジャーン)

かつてFC東京、湘南ベルマーレで闘将として激しくプレイしていたブラジル人「(21-265)Witte Jean Carlo)」。

現在はサッカーエージェントに転身し、相棒「Claudio Matsumura」とともに世界各国を飛び回っている。またJFAエージェント「(21-046)西真田 佳典」等と交流があり、度々来日している。

今年はコロナでJクラブに訪れていないようだが、マグロンと一緒に何やら日本移籍を匂わせる写真がインスタで投稿されていた。これはもしかすると来年Jクラブに加入するブラジル人がいるかもしれない。

生き残りをかけて

10月23日に開催された第33節横浜FC戦にて激闘の末、逆転で勝利を収め、残留圏内である16位まで順位をあげた。残り試合気の抜けず、第37節の徳島ヴォルティス戦の直接対決で運命が決まっても過言ではない。

他Jクラブでは既に来季監督について触れてる記事が流れているが湘南は今のところ動きはない。降格が決まっても山口監督を続投させるつもりなのだろうか?

因みに私のところにもそういったDMは受け取っていないので、お問い合わせはお控えください。

~~終わり~~

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました