クラブとエージェントとの関係性(サンフレッチェ広島/21年編)

クラブとエージェントとの関係性2021

かつてリーグ優勝、クラブワールドカップを成し遂げた背景にはスタッフやエージェントの協力があってこそ実現した功績だ。しかし現在は中堅クラブに甘んじるどころか降格まで危ぶまれる試合内容でサポーター、ファンの不満は頂点に達している。

エージェントという観点で調べてみると、こりゃまた複雑な人間関係が絡んでいるので、いつも通りに昨年の記事と比べながらご覧あれ。

クラブとエージェントとの関係性(サンフレッチェ広島/2020冬編)
J1初優勝しクラブワールドカップで世界2位という輝かしい結果を残して数年経ったサンフレッチェ広島。 自前のスタジアムもようやく建設されることが決定したことは喜ばしい限りだが近年のファン 、サポーターに納得させるプレイを見せているだろう...
スポンサーリンク

大手5社 × 報酬額”0″ × 新戦力 早期退団説

監督:城福 浩⇒小林 博 or 今井 祐介 or 田村 信之 or 姜 榮 ※JSM

GK:大迫 敬介⇒西塚 定人(JPN) ※スポーツコンサルティングジャパン
GK:林 卓人⇒大野 祐介(JPN) ※アスリートプラス
GK:増田 卓也西岡 明彦(JPN) ※フットメディア
GK:川浪 吾郎⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン

DF:野上 結貴⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
DF:佐々木 翔⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
DF:井林 章高木 泰裕(JPN) ※JSP
DF:荒木 隼人⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
DF:今津 佑太吉見 潤(JPN) ※ジェイプランニング

MF:池田 柚生⇒なし?
MF:青山 敏弘⇒稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション
MF:川辺 駿田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:Rhayner⇒Eduardo Uram ※BRAZIL SOCCER/稲川 朝弘 クラブ側仲介なし
MF:長沼 洋一吉見 潤(JPN) ※ジェイプランニング
MF:茶島 雄介⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
MF:柏 好文⇒宮本 行宏(JPN) ※フットステージ
MF:清水 航平⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:東 俊希⇒本田 弘幸(JPN) ※Heroe
MF:藤井 智也田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:森島 司⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:野津田 岳人稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション ※18年度まで梶野 智が担当
MF:浅野 雄也⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB 
MF:柴崎 晃誠⇒稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション
MF:土肥 航大⇒なし?
MF:仙波 大志⇒なし?

FW:棚田 遼⇒なし?
FW:森本 空斗⇒なし?
FW:高柳 英二郎⇒なし?
FW:満田 誠⇒なし?
FW:Ezequiel⇒Felipe Ferreira ※Pro Manager Sports & Mkt/稲川 朝弘 クラブ側仲介なし
FW:鮎川 峻⇒稲川 朝弘(JPN) ※スポーツ・ソリューション
FW:Júnior Santos⇒? ※Casa Soccer クラブ側仲介なし
FW:Douglas Vieira⇒?/稲川 朝弘
FW:永井 龍⇒? ※18年度まで梶野 智が担当

赤文字:新加入
青文字:退団

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

大手事務所5社のクライアントが占めている。
20年度は何とクラブ側仲介による報酬は発生していない。
“外様”といえる事務所は数年で退団する傾向があるのか?

三本の矢ではなく、五本の矢?

広島でのエージェント面で特徴的なのは「JEB」、「スポーツ・ソリューション」、「フットステージ」、「ジェイプランニング」そして「ジャパン スポーツ マーケティング(JSM)」中心に選手クライアントが在籍し、移籍に関しても大きく影響を受けている。

前回でも説明した通り、「JEB」クライアント数が7人以上在籍していることは世界的にも珍しいケースである。これは日本サッカー特有の現象であり、他にもガンバ大阪、セレッソ大阪と繋がっている「ジャパン スポーツ・プロモーション(JSP)」も同様。

スイスへ旅立った川辺の代役として、セレッソ大阪でプレイした松本 泰志を復帰させているが両者とも同じJEBのクライアント同士であるのは偶然なのか?

スポーツ・ソリューション」は日本人のみならず、質の高いブラジル人を提供している古参JFAエージェントの一人である。川崎フロンターレのリーグ2連覇に貢献したレアンドロダミアンやジェシエル等も彼の手引きしたもの。

株式会社スポーツ ソリューション インターナショナル|Sports Solution INT'L Inc.
プロサッカー選手の代理人業務をメインとした株式会社スポーツ・ソリューション インターナショナルのウェブサイトです。数多くの選手が所属し活躍をしています。

JSMは城福浩をマネジメントしている事務所で、過去にも外国人選手移籍にも関与している関係である。広島監督に就任した2017年頃から契約している。近年の成績低下にも関わらず、解任に踏み切らないのは何らかの理由でもあるのか?

仲介人制度始まって以来のクラブ仲介による報酬 “0(ゼロ)”

2015年:8,654,700円
(小林 博⇒Utaka Peter “移籍合意に関する交渉” 相手先 清水エスパルス)
(李 信昊⇒Kim Byeom-yong “選手契約に関する交渉”)

2016年:22,330,550円
(野村 豊幸⇒工藤 壮人 “選手契約に関する交渉”)
(稲川 朝弘⇒Anderson Lopes “移籍合意に関する交渉” 相手先 Tombense FC)
(稲川 朝弘⇒Felipe Silva “選手契約に関する交渉”)
(稲川 朝弘⇒Anderson Lopes “選手契約及び移籍合意に関する交渉” 相手先 Tombense FC)

2017年:16,787,200円
(小林 博⇒Nathan Joel Burns “選手契約に関する交渉”)
(西真田 佳典⇒Anderson Patric Aguiar Oliveira “移籍合意に関する交渉” 相手 Salgueiro AC)
(西真田 佳典⇒Anderson Patric Aguiar Oliveira “移籍合意に関する交渉” 相手 Salgueiro AC)

2018年:66,352,981円
(西真田 佳典⇒Anderson Patric Aguiar Oliveira “移籍合意に関する交渉” 相手 Salgueiro AC)
(稲川 朝弘⇒RHAYNER “移籍合意及び選手契約に関する交渉” 相手先 Tombense FC)
(稲川 朝弘⇒DOUGLAS Vieira “選手契約に関する交渉”)
(遠藤 貴⇒SALOMONSSON EMIL “選手契約に関する交渉”)
(遠藤 貴⇒BESART BERISHA “選手契約に関する交渉”)

2019年:32,951,605円
(今井 祐介⇒レアンドロ ペレイラ “選手契約の交渉”)
(今井 祐介⇒レアンドロ ペレイラ “移籍合意の交渉” 相手先 松本山雅フットボールクラブ)
(稲川 朝弘⇒DOUGLAS Vieira “選手契約の交渉”)
(稲川 朝弘⇒RHAYNER “選手契約の交渉”)
(稲川 朝弘⇒Ezequiel Santos da Silva “選手契約の交渉”)
(遠藤 貴⇒SALOMONSSON EMIL “選手契約に関する交渉”)

2020年:0円

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

広島では仲介人制度開始以来初めてのクラブ側仲介での実績がゼロ。考えられるのは稲川氏を介さずに直接ブラジル人の各事務所に報酬を支払ったとされる。

話題となった「ジュニオール サントス」獲得で発生した移籍金が約1億3000万円と言われているが先ほど説明した通り、クラブ側仲介での資料には掲載されていない。

Kuniy & W. Sports」のAlexandre HidekiによるとTwitter上で「Japan Sports Marketing(JSM)」、Luis Carvalho、そしてエージェントである「EdivaldoFerraz」によって仲介したとツイートしている。

JSMでブラジル方面に強いエージェントが(042)今井 祐介」であり、過去に各Jクラブに選手を連れてきている。広島ではレアンドロ ペレイラに関して交渉していることが資料で分かる。

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2019.pdf

インスタグラムでレアンドロ ペレイラ加入について、JSMが仲介したとコメントしているので今回も今井氏が絡んでいる可能性は高い。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kuniy & W Sports(@kuniyw)がシェアした投稿

Edivaldo Ferrazについても触れておこう。

彼はジュニオール サントスと契約しているエージェントで「フォルタレーザEC(Fortaleza)」と深い関係があるようだ。

Ferraz, empresário de Clayson, leva atacante Júnior Santos para o Fortaleza de Rogério Ceni - Leia Notícias
Jornal Leia Notícias

ジュニオール サントスがフォルタレーザから柏レイソルに移籍する際、保有権25%を持たせるという特殊な条項を盛り込んだりと様々な施策を講じている。こういった複雑な契約をEdivaldo氏はフロント側に掛け合って絡ませたのだろう。

JSM側である今井氏、Kuniy & W. Sports、Luis Carvalho、そしてEdivaldoによる特殊な交渉によって、いくら利益が手元に入るのか?真相は闇の中である。

新戦力退団の”ある法則”

これまで新戦力として期待されたにも関わらず、数年で退団している日本人選手たちに共通点がある。それは広島と親しい間柄ではない事務所な点である。加入時期を時系列にすると

~2016~
宮吉 拓実(~2018退団) ※西岡明彦 フットメディア

~2017~
丹羽 大輝(~2018退団) ※JSP

工藤 壮人(~2019退団) ※野村ダン

稲垣 祥(~2020退団) ※ジェイ プランニング

~2018~
渡 大生(~2020退団) ※GLOBALL FOOTBIZ CONSULTING

馬渡 和彰(~2019退団) ※SARCLE(現:R4SE)

~2019~
井林 章(~2021退団) ※JSP

~2020~

櫛引 一紀(~2021退団) ※UDN

~2021~
住吉 ジェラニレショーン(~?)※酒井 浩之

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

彼らは試合出場に恵まれていなかったのもあるが、新規事務所からの選手が契約更新を行わずに1~2年で退団している。このままの流れだと21年夏に水戸ホーリーホックから加入した「住吉 ジェラニレショーン」も出場機会を求めて他クラブへ移籍してしまってしまうのか?しかし、今回の移籍には違約金が発生しているらしく、その金額が過去最高との事。

住吉のエージェントでレアルマドリードマネジメントMBAコースで日本人初の合格者である「(21-206)酒井 浩之」が違約金を設定したのだろうか?

レジーナに関わるエージェント

女子プロリーグ「WEリーグ」に参戦する「サンフレッチェ広島 レジーナ」にもエージェントと契約している選手が数人確認されている。

・木稲 瑠那⇒秋谷 和幸(JPN) ※Ayuda
・中村 楓⇒秋谷 和幸(JPN) ※Ayuda

参考:http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2020.pdf

(21-192)秋谷 和幸」はアルビレックス新潟や柏レイソルでコーチ、スカウトを歴任し、数年前にエージェントの道へ歩き始めた人物だ。

何故彼女たちが数多くいるエージェントの中で秋谷氏を選んだかは不明だが、何か惹かれたものがあったからに違いない。

Ayuda アジューダ
アジューダは、選手一人一人の人生設計を考え、選手とともに目先の目標ではなく、長期の目標を共に共有し、最適なプランを作り上げていきます。

 

今後のチーム作り予想

ACL県内の3位までの勝ち点が2桁離れており、残り試合も10と残りわずか。

噂では城福監督が退任するというようなことが流れていたりいなかったりと今後の去就が注目されている。またエージェント達もクライアントの要望に応えて、海外移籍も模索していることだろう。

また今後も他Jクラブからクライアントが入れ替わりで加入することが予想される。是非とも来年こそはACL出場権を獲得してほしい(諦めてる?)。

~~終わり~~



Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました