クラブとエージェントとの関係性(北海道コンサドーレ札幌/21年編)

クラブとエージェントとの関係性2021

チーム得点の原動力だったブラジル人「アンデルソンロペス(Anderson Lopes)」退団以降、なかなか苦しい状況が続いている。

エージェント(代理人)の動きはリーグ開幕前から活発で、それが今後の成績に左右することになるだろう。

てなわけで今回は北海道コンサドーレ札幌のエージェントを徹底解剖。少しだけ他クラブとの絡みも含めた内容となっているのでご了承ください。

クラブとエージェントとの関係性(北海道コンサドーレ札幌/2020冬編)
J1に定着し始めた頃に浦和レッズ等で指揮していた監督「Michael Petrovic(ミハイロ・ペトロヴィッチ)」を招集したことがきっかけに実力揃いのブラジル人を獲得するようになった経緯がある。 フロント事情以外にも理由があるかもし...
スポンサーリンク

SARCLE × ブラジル・アフリカ × キム ミンテ

監督:Michael Petrovic⇒Robert Cibej(SVN)

GK:大谷幸輝秋山祐輔(JPN)SARCLE
GK:菅野 孝憲⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン
GK:中野小次郎⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
GK:阿波加 俊太⇒なし?

DF:西野 奨太⇒なし?
DF:福森 晃斗⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
DF:田中 駿汰⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
DF:岡村大八⇒飯田 正吾(JPN) ※フットステージ
DF:金眠泰Yang JungKyu(KOR)Global Sports Agent C2かつて”趙 成文”が仲介
DF:中村桐耶⇒? ※ジェイ プランニング
DF:貴博秋山祐輔(JPN)SARCLE
DF:西野奨太⇒なし?

MF:田中 宏武⇒なし?
MF:深井一希⇒秋山祐輔(JPN)SARCLE
MF:高嶺 朋樹⇒? ※M&Y MANAGEMENT
MF:宮澤 裕樹⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB
MF:荒野 拓馬⇒遠藤 貴(JPN) ※ユニバーサルスポーツジャパン 18年度まで添田 貢広
MF:Lucas Fernandes⇒Eduardo Uram(BRA) /稲川 朝弘 ※クラブ側仲介
MF:菅 大輝⇒高木 泰裕(JPN) ※JSP
MF:Chanathip Songkrasin⇒Nonsrichai Thritthi(GER?) ※FPS Management & Consulting
MF:金子 拓郎⇒小島 卓(JPN) ※Mundo Rico/DOUBLE DIAMOND SPORTS
MF:駒井 善成⇒的地 酉(JPN) ※シンプレ
MF:青木良太⇒本田 弘幸(JPN) ※Heroe
MF:小野伸二秋山祐輔(JPN)SARCLE

FW:佐藤 陽成⇒なし?
FW:Anderson Lopes⇒Felipe Ferreira?(BRA)/稲川 朝弘 ※クラブ側仲介
FW:小柏 剛⇒?
FW:Douglas⇒? ※GT Sports/稲川 朝弘 ※クラブ側仲介
FW:Jay Bothroyd⇒SAHIL BHAT? Libero Sports?/田邊 伸明 ※クラブ側仲介なし
FW:中島 大嘉⇒なし?
FW:Gabriel Okechukwu⇒? ※DOUBLE DIAMOND SPORTS クラブ側仲介なし

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

SARCLE所属のクライアントが増加している。
21年度も稲川朝弘がブラジル人たちを仲介。
名古屋グランパス移籍に関わっている韓国人。

SARCLEの苦悩

長年、札幌側はJEBと交流が深い関係だった。稲本潤一や元イングランド代表「ジェイ」等を連れてきたり、ユース上がりの選手と契約する程の仲だ。最近では212月に徳島ヴォルティスユース出身で法政大学から加入した中野小次郎との事務所入りをHP、インスタグラム(インスタ)で発表している。

昨年まで関西クラブ中心に影響力ある「ジャパンスポーツプロモーション(JSP)クライアントが5人から「大輝」のみとなっている。

PARTNER:J1 | FOOTBALL PLAYER'S AGENT
株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーションは、スポーツを愛する一人一人のサポートをはじめ、スポーツ界全体の発展に貢献する企業を目指しております。サッカー選手エージェント、サッカー・フットサル大会の企画運営、サッカー・フットサル遠征・合宿手配、を主な業務としております。

一方でFC琉球でプレイしていた小野伸二が復帰する等、欧州組を抱えている「SARCLE」が力をつけている。同時期の移籍期間で一気にクライアントが一気に3人加入させるのは東欧等で、良く見受けられる現象だ。ただ、厳しいスケジュールによるローテーション起用でもレギュラーを確保出来ていない現状。クライアントでコンスタントに試合数を重ねているのは「深井一希」のみだけである

PLAYER - SARCLE

ブラジル人を扱う者とアフリカ人を連れてきた者

2015年:2,072,100円
(小林 博⇒IRFAN “選手契約に関する交渉”)
(成文⇒Gu Sung-Yun “選手契約に関する交渉”)

2016年:15,782,188円
(成文⇒Gu Sung-Yun “選手契約に関する交渉”)
(成文⇒キム ミンテ “選手契約に関する交渉”)
(Umeoka Fernando Masayoshi⇒Diego Macedo “選手契約に関する交渉”)
(Umeoka Fernando Masayoshi⇒Júlio “選手契約に関する交渉”)
(Umeoka Fernando Masayoshi⇒Jonathan Jackson de Lima Reis “選手契約に関する交渉”)
(Umeoka Fernando Masayoshi⇒Luis Paulo da Silva “選手契約に関する交渉”)

2017年:21,977,530円
(田邊伸明⇒ジェイ ボスロイド “選手契約に関する交渉” 計2回)
(成文⇒Gu Sung-Yun “選手契約に関する交渉”)
(成文⇒キム ミンテ “選手契約に関する交渉”)
(添田 貢広⇒チャナティップ ソングラシン “選手契約に関する交渉” 計2回)

2018年:68,139,964円
(木元 匡⇒岩崎 悠人 “移籍合意に関する交渉”)
(稲川 朝弘⇒LUCAS FERNANDES “移籍合意及び選手契約に関する交渉” 相手Fluminense FC)
(稲川 朝弘⇒ANDERSON LOPES “移籍合意及び選手契約に関する交渉” 相手Tombense FC)
(秋山 祐輔⇒チャナティップ ソングラシン “選手契約に関する交渉”)
(田邊伸明⇒ジェイ ボスロイド “選手契約に関する交渉”)
(成文⇒Gu Sung-Yun “選手契約に関する交渉”)
(成文⇒キム ミンテ “選手契約に関する交渉”)

2019年:31,680,040円
(稲川 朝弘⇒ANDERSON LOPES “選手契約に関する交渉”)
(稲川 朝弘⇒LUCAS FERNANDES “移籍合意及び選手契約に関する交渉” 相手Fluminense FC)
(稲川 朝弘⇒Douglas “移籍合意及び選手契約に関する交渉” 相手NAVEGANTES)
(秋山 祐輔⇒チャナティップ ソングラシン “選手契約に関する交渉”)
(田邊伸明⇒ジェイ ボスロイド “選手契約に関する交渉”)
(成文⇒Gu Sung-Yun “選手契約に関する交渉”)
(成文⇒キム ミンテ “選手契約に関する交渉”)
(Nonsrichai Thritthi⇒Kawin Thamsatchanan “移籍合意及び選手契約の交渉” 相OH Leuven)

2020年:12,246,490
(稲川 朝弘⇒Douglas Oliveira “移籍合意及び選手契約の交渉” 相手先:NAVEGANTES)
(稲川 朝弘⇒LUCAS FERNANDES “選手契約の交渉”)
(稲川 朝弘⇒ANDERSON LOPES “選手契約の交渉”)

参考:http://www.jfa.jp/football_family/intermediary/

(21-064)稲川朝弘」氏は川崎フロンターレやサンフレッチェ広島などと長年交流を持ち、影響力をもたらしているエージェントである。コンサドーレとは18年頃から親交を開始しているが、それは前回の記事でも触れたが稲川氏の取引先の一つ「名古屋グランパス」の強化担当だった「竹林京介」の強化部長に就任したことがきっかけだと思われる。

札幌竹林強化部長 本州での経験を故郷に還元する - J1 : 日刊スポーツ
 北海道コンサドーレ札幌は今季から強化部長の職を復活させ、室蘭市出身で前名古屋強化担当の竹林京介氏(42)が就任した。強化面を向上させてJ1定着を目指したいク… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

中国「武漢FC」へ完全移籍した「アンデルソンロペスはアジアにもクライアントが在籍している「PRO MANAGER SPORTS & MARKETING」と契約している。インスタでは稲川氏のパートナー「Brazil Soccer」の「Ali Uram(Alexandre Uram)」によって仲介され、契約期間は2年半であるとコメントしている。いくら違約金を札幌に残してくれただろうか?

今季クラブ側仲介が行われていない補強で目玉だった元ナイジェリア代表「ガブリエル・オケチュク(Gabriel Okechukwu)」に関して仲介人取引一覧に掲載されていないので札幌側が直接、彼の事務所「DOUBLE DIAMOND SPORTS」に報酬を支払ったとされる。

また弊社はサガン鳥栖にクライアントを送り込んでおり、パートナーであるJFAエージェントの「Mundo Rico」の「(21-235)小島卓」か「BALLONDOR JAPAN」の(21-083)中村大志」が手引きしたと思われる。

名古屋グランパス完全移籍の裏側

218月に名古屋グランパスからオファーを受け、期限付き移籍を果たしている韓国人「キムミンテ」。エージェント事情に触れると16年にコンサドーレへ加入した頃は「SUNG MUN Company」を経営している韓国人「(21-094)成文(Cho Sungmun)」と契約していた。川崎フロンターレ「チョンソンリョン」やFC東京「ユインス」も担当している。

状況が変わったのは元チームメイトで同時に同じエージェントと契約していた「サンユン(聖潤)」がドイツ等といった欧州にコネクションを持つ「Global Sports Agent C2」の「Yang JungKyu」に変更した事だ。これは兵役義務の為だったのかは真意は不明だが、クサンユンは、205月、彼のコネを頼りに韓国「大邱FC」へ完全移籍を果たした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yang(@c2_jungkyuy)がシェアした投稿

キムミンテも、それに続くように2011月、「Yang JungKyu」に変更したとインスタで報告された。この時期は彼が韓国へ帰国する噂が流れていたので、Yang氏が情報を流していたかもしれないが結局、動きはなかった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yang(@c2_jungkyuy)がシェアした投稿

Yang JungKyu」のインスタによると「ジャパンスポーツマーケティング(JSM)」のエージェント「(21-304)」が協力してくれたらしく感謝しているとコメント。JSMは「楢崎正剛」、「阿部翔平」等をクライアントを持ち、名古屋との繋がりが濃く今回の移籍も長期離脱中の丸山の代役としてキムミンテが選ばれたのだろう。姜氏は資料によるとハンヨンテ(いわてグルージャ盛岡)やリャン・ヒョンジュ(FC今治)といった在日系選手を担当している。

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/intermediary/transaction_2020.pdf

来年キム ミンテが札幌に帰ってくるかは姜氏の腕次第かもしれない。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yang(@c2_jungkyuy)がシェアした投稿

夏の外国人獲得選手 ”トゥチッチ ミラン”

寝耳に水だった。

ニュース | 北海道コンサドーレ札幌オフィシャルサイト
サッカー Jリーグ 「北海道コンサドーレ札幌」オフィシャルサイトです。最新ニュースや選手、試合情報、チケット、スケジュール、チームデータ、クラブ情報、グッズ、スタジアムへのアクセスなど、コンサドーレ札幌に関する役立つ情報を日々お届けしています。

ベルギーからスロベニアU21代表歴があるCFトゥチッチミラン(Tucic Milan)」を完全移籍で獲得。早速、動画でプレイを確認してみたら足元の技術は、かなり自信がありそうだ。

エージェントはベルギーを拠点にしている「Connect Management」の「Pieter Malfliet」。日本との絡みは皆無で何故、コンサドーレが彼を選んだのかが一切不明。少なくともベルギーにクライアントを移籍させたことのあるJFAエージェントが売り込んだ可能性が高い。

早く彼が札幌ドームでプレイしている姿を見てみたいが、トゥチッチが現在チームに合流しているのか不透明だ。日本に入国しているのか?コロナ隔離での状況はどうなのか?8月下旬頃、そろそろ発表されてもおかしくない時期なのだが………..

ACL出場権をかけて

J1リーグ第26節で名古屋グランパスと対戦したが0-2で敗北してしまい、順位を9位に落としてしまった。ACL出場権である3位のヴィッセル神戸との差が”11″と厳しい状況。

補強は先ほど紹介した前線のトゥチッチのみ。そこから挽回できるか正念場だ。

~~終わり~~

 

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました