クラブとエージェントとの関係性2021

J2エージェント大全 & クラブ側仲介(21年 前編)

京都サンガF.C. 監督:曺貴裁⇒なし? GK:若原 智哉⇒本田 弘幸(JPN) ※Heroe GK:清水 圭介⇒高木 泰裕(JPN) ※JSP GK:福島 春樹⇒田邊 伸明(JPN) ※JEB GK:太田 岳志⇒なし? ...
クラブとエージェントとの関係性2021

クラブとエージェントとの関係性(ベガルタ仙台/21年編)

「渡邉 晋」監督が離れてからフロントの動きが変わった数年。積極的に選手を補強して目標の一つであるACL出場権を目指していたが成績が伸びず、昨シーズンは木山隆之を招聘したが17位で終了し、退任を発表。 そして2021シーズン、35節消化...
クラブとエージェントとの関係性2021

クラブとエージェントとの関係性(大分トリニータ/21年編)

2021シーズンJ1リーグ終盤、大分トリニータは34試合消化してJ2降格圏内である18位で窮地に立たされている。また17位から20位までの勝ち点差が"4"と大混戦であり、最後まで結果が分からない状況となっている。 一方、選手補強に関わ...
○○を仲介した者達

リュウジ・ウトモはジュビロ磐田に加入するのか?

10月後半、インドネシア各メディアでジュビロ磐田がインドネシア代表「リュウジ ウトモ(Ryuji Utomo)」に興味を示しているとの報道が流れた。 結果的に獲得できるか考察すると個人的には"微妙"と感じる。日本にルーツがリュ...
クラブとエージェントとの関係性2021

クラブとエージェントとの関係性(湘南ベルマーレ/21年編)

毎年主力メンバーが放出されても、持ち前のプレッシングサッカーでJ1リーグを生き残ってきた。 そんな中、若手の台頭により、JFAエージェントが近づいている動きがある。それはJリーグ共通の出来事であり、湘南ベルマーレも例外ではない。リーグ...
クラブとエージェントとの関係性2021

J3エージェント大全 & クラブ側仲介(2021年編)

FC岐阜 監督:安間 貴義⇒大野 祐介 or 鈴木 秀和 ※アスリートプラス GK:桐畑 和繁⇒松浦 修也(JPN) ※プレイヤーズファースト GK:松本 拓也⇒高田 敏志(JPN) ※アレナトーレ GK:大野 哲煥...
クラブとエージェントとの関係性2021

クラブとエージェントとの関係性(徳島ヴォルティス/21年編)

今、徳島ヴォルティスは窮地に立たされている。 リカルド・ロドリゲスの後任として「ダニエル ポヤトス(Dani Poyatos)」が就任するものの、厳しい日程によるターンオーバー制が上手くいかず、順位は降格圏内の一歩手前の16位について...
クラブとエージェントとの関係性2021

クラブとエージェントとの関係性(清水エスパルス/21年編)

GM「大熊 清」のコネで連れてきたと言われているスペイン人ロティーナ監督。前クラブ「セレッソ大阪」での躍進を期待されての招聘し、また大型補強を敢行するも昨年から課題だった守備力の脆さが出てしまい、31試合終了時点で15位。 一方で裏方...
クラブとエージェントとの関係性2021

クラブとエージェントとの関係性(G大阪/21年編)

昨季からの不甲斐ない成績から脱却する為にレアンドロ ペレイラ(Leandro Pereira)やチアゴ アウベス(獲得を敢行するが一時期は最下位までに転落。宮本監督を解任させ、アカデミー部長だった松波 正信に指揮を委ねるが一向に復活の兆しが...
クラブとエージェントとの関係性2021

クラブとエージェントとの関係性(柏レイソル/21年編)

積極的な補強がなかなか成績に反映されない苦しいシーズンを送っている柏レイソル。 一方で攻撃でのチームの原動力だった「江坂 任」が浦和レッズへ電撃移籍するなど、サポーター、ファンにも激震が走っている。U18から昇格した若手に関して、今後...
タイトルとURLをコピーしました